カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索

Amazonおすすめ とか

自動リンクでいったいどんな商品がピックアップされるのか実験も兼ねて置いてみました。 はたしてこのブログはamazon的には……。



載せてみたりする。

リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自宅洗面所の水道のパッキング交換。

蛇口を閉めても、ぽたぽたと水滴がしたたるようになったので、パッキング交換くらいは自分でできるだろうと思い、挑んでみることにした。
とはいえ、よくよく考えてみると、パッキング交換なんてまだ小学生くらいの頃に、親だか業者だかがやっているのを横で眺めていたくらいのことしか記憶にはない。
そして我が家の蛇口はといえば、化粧ノブなるものがついたタイプ。

それでもネットで検索してみると画像付きで方法を解説してくれているページがあったので、それを見ているとシンプルなタイプとそんなに変わるものでもないのがわかったので改めてチャレンジする次第。

交換すべきパッキングは昨日、ホームセンターで買ってきた。いや、たぶんパッキングだけなら地元の金物屋にもあったかもしれないけども、いわゆる水道管プライヤなるものも欲しかったので、少々足を伸ばして買い求めてきた。まあハンズに行けばあるのはわかってたけど、ハンズはねぇ。魔の店だからねぇ。

そして今日、作業。

終わったさ。作業自体は。けっこう簡単に。

で、結論。
原因は、パッキングではなかった。

器具本体側かい。なんてこったい。 _| ̄|○ 


スポンサーサイト
WILLCOMの解約関係書類を。

これで WILLCOM 03 を使うのも、今月いっぱいでおしまいだ。

なんだか折しも日経お得意のぶっ飛ばし記事でゴタゴタしてるっぽいけど、経営再建のための動きをしていること自体は WILLCOM は認めているのだから、いずれなんらかの形でその方法が明らかになるんだろう。たぶん。

さあ、あとはさっさと解約済みのユーザーのデータがデータベースから削除されることを祈ろう。
禿電にだけは渡したくない個人情報だし。


テーマ:WILLCOM - ジャンル:携帯電話・PHS

WILLCOM 03 を月末で解約する方向で動いている。

先走った報道にあったように、Softbankの支援が入るのだとしたら、本当にそうなる前にやめてしまうことにした。
個人情報を500円で売り渡すつもりなんかさらさら無いから。

そして最近ではあまり使用していなかったし。
なによりも自室での電波強度が弱いのが最もツラい。
そして今月末は、年間契約の区切りでもあるので、タイミングとしては悪くない。
03の端末本体の割賦金はまだ残っているが、そっちはどうにでもなる。よけいな手数料が出ないときに、いらないものはスパッとやめてしまった方が、なにかと良かろう。

そんなことで決意した。

さて。
プロバイダのメアドからの転送先をどうしたものか。

4月になったら、アンドロイドなケータイでも……。
いやいやいやいや、まだ先のことだから、今は自重しておくことにしよう。



テーマ:WILLCOM - ジャンル:携帯電話・PHS

自分の立ち寄る範囲での本屋とかコンビニでの話。

小学館のビッグコミックスピリッツの扱いが減ってるような感じがする。

いや、減っている。確実に減っている。
入荷している点数まではわからないが、店頭に並んでいる冊数は減っている。
なにせ油断していると、買い損ねることが増えてきているから。

週刊少年サンデーはそこまでひどくないような感じがする。
しかし、スピリッツは……。
大丈夫なのか? この先。
ヤンサンを吸収してから、方向性がわからなくなっているし、隔週掲載とか、月一掲載とか、そんなのが増えてきて、逆に固定客つかみそこねたりしてないか?

迷走は早いところ終わらせておくれ。
それなりにつき合ってきた雑誌が無くなったら淋しいから。


昨年秋、いろいろと物議を醸していた、Kraftwerk のデジタル・リマスターなアルバムを。

当時はいろいろ考えて、控えていたんだけどもね。
でもHMVでのマルチバイ価格がけっこういい感じに落ちてきていたのでね。
ついついポチッとね。

で、ついつい買った英語盤。
今持ってるのでは、ドイツ語盤しかないアルバムだってあるし……マスタリングの音圧レベル低いのもあるし……で、後悔なんかしない。しやしない。

でも、これ、バカにしてた。
もうしわけない。
あやまんないといけないくらいもうしわけない。

デジタル・リマスタリング、すげー。

なんていうかね、「Computerworld」なんて、別物だよ、これ。
すんげー低域。
こんなに音が鳴ってたんか、と驚くほどの変身。

つまり、現在、聴きまくり。
すげー。


The CatalogueThe Catalogue
(2009/08/20)
Kraftwerk

商品詳細を見る




年貢の徴収が。

ATOKは1年ごとに当たり説があり、今年はその当たりの年になる。
去年は見過ごそうかとも思っていたのに、思わずネットブック付きのセットをポチってしまったので、自分にとっては連年の購入と言うことになるだろう。

そういえば昨今、GoogleのIMEが無償公開されていて、その予測変換の内容がネットで事欠かないことが多かった。
でも自分はその点に関してはあまり魅力を感じていない。だって、そんなもの、予測変換のための辞書を膨大なものにすればいくらでも実装可能なのだから。
むしろ連文節変換モードで、ある程度の長さのテキストを自動変換していく自分の使い方では単なる登録語数の多さよりも、変換効率の方が重要だ。そういった点で、まだまだATOKは外すことのできないアイテムだ。
いや、なにもGoogle IMEが不必要だと言うつもりはない。むしろJust Systemが現状に胡座をかいてしまわないように適当なライバルの存在は大切だ。これからも切磋琢磨する目標が出来ることは良いことだ。

そうそう、Google とか Just Systemとかにこだわらず、どのIMEでも「辞書がバカだ」という声を良く目にするが、皆、なぜ自ら辞書を鍛えないのだろうか。それぞれに、相応の単語を追加する方法はあるのだから、必要な語句が変換候補に出てこないのなら、まずは自分でなんとかすべきだろう。ATOKに至っては専門辞書のパッケージだって用意されているし、外部のウェブページやテキストファイルなどから単語を登録するためのツールだって実はあるのだ。
そもそも、すべての単語を変換するために辞書に持っていたりしたら、逆に辞書ファイルの読み出しだけでとんでもないことになる、という事態を想像できはしないのだろうか?
ツールは自らの環境に合わせて使い込み、作り込んで行くものという感覚はもはや古いのだろうか。

そんな、MS-DOS時代からいろいろと鍛え込んだ辞書使いのたんなるボヤキ。



ATOK 2010 for Windows [プレミアム] 通常版ATOK 2010 for Windows [プレミアム] 通常版
(2010/02/05)
Windows

商品詳細を見る



あけおめ。

ことよろ。

いつものような年末年始。
でも、紅白は観なかった。まったく。一瞬たりとも。
「もう、いいや」な感じ。
7時過ぎからずっとクラシック番組ばかり観ていた。それで良い。

そして今朝は月食。
そんなに食分が大きくないというのを聞いていたから、そんなにでもないかと思ってたのだけど、4時頃に外に出てみたら、けっこう欠けて見えた。思ってたよりも。

091116a.jpg

そして寒かった。
あまりにも寒かったので、そのまま新井薬師で初詣をして、帰ってきてしまった。
初日の出はテレビの画面で。

そんな元日の朝。



// HOME //
  1. ばら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。