カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索

Amazonおすすめ とか

自動リンクでいったいどんな商品がピックアップされるのか実験も兼ねて置いてみました。 はたしてこのブログはamazon的には……。



載せてみたりする。

リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京都民の一人として一言。

東京にオリンピックなんていらない。
欲しがってるのはごく一部の政治家気取りと、ごく一部の企業もどきだけなのでは?

東京でオリンピックを行う意味を感じられない。
経済対策? ふざけるな。

東京でオリンピックなんてやらなくてもよい。

アメリカ大陸あたりで開催すればいいじゃないか。

スポンサーサイト
50代後半にしてなおまだ盛ん!

30年以上にわたって活動を続ける、現存する最古のバンド、ムーンライダーズの新譜は、またしても色を変えて登場した。

21世紀に入ってからの、オリジナル・アルバムは、自分にとっては「Dire morons TRIBUNE」くらいしか何回も聴くものは無かった。
その後のスタジオ録音は、どうも自分の好みからは外れている部分が大きかったからだ。
そこでやろうとしていることは、分からないわけではないが、それは自分の好みではなかった。もしかすると、年齢を重ねたバンドは、この後はこのままの方向に定着してしまうのだろうか、などとも思ってもいた。

それが、新作に先立って、ネット配信した曲あたりから、微妙に変わってきているのが感じられるようになった。

そう、過去音源として発掘されている、ライブ音源の、特に「Modern Music」から「カメラ=万年筆」の頃のライブに匹敵するかのくらいの、バンドとしてのパワーを見せ始めたからだ。

曲の一つ一つから滲み出てくるかのようなライブ感、その理由は、公式サイトでの鈴木慶一のインタビューを読むと分かるような気がする。
そんなパワーを、50代後半にして再び醸し出すこの東京生まれ、東京育ちのバンドの底力を見せつけられた思いだ。



Tokyo7Tokyo7
(2009/09/16)
moonriders

商品詳細を見る


以前からジャッジの内容に関して取りざたされることが多い人物ではあった。

しかし今度は試合そのものを文字通りぶち壊してしまった。

今後の展開次第では、審判一人だけの問題ではなく、リーグ全体に対する不信・不満が高まることにもなりかねない。

きちんとした対応と、納得のできる説明が行われることが望まれる。


毎日の更新を潔く断念しよう。

なんというか、気力的にね。

仕事がそれなりに充実してると、それだけでいろいろと終わっていくし。
ま、その他にもいろいろと。

今後は気が向いたときに、気が向いたことを。

それこそ徒然なるままに。





// HOME //
  1. ばら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。