カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索

Amazonおすすめ とか

自動リンクでいったいどんな商品がピックアップされるのか実験も兼ねて置いてみました。 はたしてこのブログはamazon的には……。



載せてみたりする。

リンク
この季節の活性が落ちてきている。

いやー、良くないのかな。

でもねぇ。
この暑さの外界と、冷房聞いている作業場との往復だけで、かなり疲労してしまうからなぁ。

おまけに夜は夜で持病絡みであんまり熟睡できないし。

あー。困ったものだ。

せめて暑さが和らいでくれると、かなり助かるのだけど。

ほんとうにあと一月少し、もつのやら。
はぁ。


自宅近辺でも、それなりにセミの声を聞いているように思う。

どちらかというと、ミンミンゼミが優勢。

案外と聞かないのは、ツクツクホーシ。
そしてめったに聞かないのがヒグラシ。

ヒグラシはあれかなぁ、また石神井公園に夕方あたりに行けば聞けるのかなぁ。

それと最近は、地球の温暖化とかで生息域が北上しているというクマゼミの声は、逆に聞いていないような気がする。

あ。
それと今年は、アカネ以外のトンボをちょくちょく見かけている。
ただ、じっとしていてくれないから、なかなかカメラで撮ることできてないのが残念。

さて。
明日は涼しいという予報だけど、そんな気候がずっと続いてくれないものやら。



雑誌 Wings。

で、事前に情報が漏れていたように、8月以降は隔月刊か。

あーあ。
このまま終わるのかな?

というか、なるしまゆり、新作読み切りなんか載せてる余裕あるんかね?

あーあ。
那須雪絵の連載終わったら切り捨てようかな? どうしようかな?



ついに。

待ち望んでいた物語の終わり。鉄錆廃園の第3巻と第4巻が無事に発売されていた。
そして読了。

すごい満足感に満たされている。
まさか、あそこまで描くとは思ってはいなかった。
そして自分の中で、エヴァンゲリオンは完全に過去の異物と化した。
もっとわかりやすく、的確に表現したものが、ここには存在する。

これからも、多くの人に手にとってもらいたい、一つの世界がここには存在する。

愛蔵版 鉄錆廃園 (3) (WINGS COMICS)愛蔵版 鉄錆廃園 (3) (WINGS COMICS)
(2009/07/25)
華不魅

商品詳細を見る


愛蔵版 鉄錆廃園 (4) (WINGS COMICS)愛蔵版 鉄錆廃園 (4) (WINGS COMICS)
(2009/07/25)
華不魅

商品詳細を見る



本当になんとかならないものか

この天気。

中途半端に悪いというのも、なかなか諦めがきかない。

というか、洗濯したいんだよ。
そのためのスケジュール組み立てようとすると、移動手段の選択にまで影響が及ぶんだよ。

だからはっきりしてほしいというのに。

今週はずっとこんな調子だとでも?

頼むから、木曜・金曜は降らないでおくれ。
仕事が大変な日だから。



無かったよ。
今日も。

そりゃね、日曜だもの。
配送があるわけ無いんだってば。

おとなしく明日を待たないとだめなのか。

ううううう……。orz



25日発売と発表されたから探しているのに

ない。
どこにもない。

いや、あるにはあった。
とあるところのレジの後ろ、取り寄せ品の積んであるカウンターには。

でも一般のものとして店頭にはない。

これが書籍扱いコミックスの宿命なのか?
せっかく週末だからじっくり読み込もうと思ってたのにそんな仕打ちなのか?

あー。
なんてこったーい。

明日、また探してみる。



気象庁は関東甲信越に関しては宣言を発表してしまっていたけど。

でもここのところのこの陽気はなんだろうねぇ。
とても梅雨明けしたとはいえないような気がする。

おまけになにやら半端に蒸し暑くて、それだけで体力が奪われていく。

猛暑襲来は、それはそれでツラいしなぁ。

日本の夏、あっても悪くはないけど、この湿気はなんとかならないものやら。
それがなくなるだけで、自分としてはかなり助かる。いろいろと。



事前になんの情報も得ないで、いつの間にか始まっていたアニメ第3期。

前作のOP曲「空想ルンバ」でかなりぶっ飛んだ印象を受けていた曲作りも、その後のオリジナルアルバムでさらに加速を続け、そして今度のOP曲ではとんでもない地平のはるか上空を滑空しているような有様だ。
オンエアのサイズではその真価は見えてこない。絶対にフルサイズで聴くべきだ。

すごいよなぁ。アニメの楽曲でここまでやっちゃうのも。
さよなら絶望先生ならではなのかもしれないけど。


林檎もぎれビーム!林檎もぎれビーム!
(2009/07/23)
大槻ケンヂと絶望少女達大槻ケンヂ

商品詳細を見る




今週はニュースでもどうのこうのと言われていた日食本番。

というか、「日食」って書くとどうも日本食堂のような気がしてしまうので、これ以降は「日蝕」で。

当日になるまで、どんどんと天気予報が悪い方向に変わっていくから、部分日蝕を見るのはあきらめてた。

でも移動中、信号待ちをしていたら、向かいのビルの前にいる人たちが空を見あげているからどうしたのかと思って同じく首を上げたら、おおお、雲がNDフィルタと化して肉眼で欠けている太陽が見えたよ。

ほんの一瞬だったけどね。

その後、二カ所で、やっぱり雲が薄くなった一瞬に、ちょっとだけ目にすることができた。

まあ、いいか。こんなもので。

NHKのオンエアでそれなりに堪能したし。

今回はアレだね、南西諸島方面に向かうよりも、クルージングの参加者の圧倒的な勝利だね。

とりあえず、流行り物終了。



ネットの海は。

ヲチしてるだけで大笑いさせてくれるところもあるし。

まあなんだ。お子様がお子様な主張をしてぶち切れているところに遭遇したりもするのだけど、以前に別の場所でその人物を見かけた時の初見での印象、「うわぁ。ガキじゃん」ってのをいまだにそのまんま露呈させているってのも、まあなんだかなぁ。

そんなことも、自分とは直接関係ないところで繰り広げられていることだから、安心して大笑いするだけなんだけど。

まあいろいろあるから海なんだろうけど。
ガキじゃなければそれでよいってわけでもないしなぁ。
大人ぶって屁理屈ばかりこね回してるようなのも困りもん。

それでも自分に関係なければ、笑いのネタ。
平穏。平穏。



ということで海辺へ行ってきた。

実は初めての葛西臨海水族園。

水族館ではなくて水族園。
水槽で泳ぐクロマグロを見られるらしい――程度は事前に調べておいた。

ロケーション的には、もう一駅千葉よりのネズミの国の方が栄えてるだろうと思ったけれど、葛西臨海公園もそこそこの人出だった。やはり休日ともなると、そこそこ人出はあるらしい。

都の設備な水族園は入園料一般で700円。なんだかリーズナブル。
そして入口からの印象とは違って、意外と奥に広がっていてびっくり。

思ってたよりも人がいたので、小さな水槽は急ぎ足で通り過ぎがちに回ったけれども、大きな水槽の前でしばしぼんやりしたりとか、ペンギンの前で癒されてたりとか、それなりに時間は流れていた。

そして思っていたより汗も流れていたようで、けっこう体が水分を欲してしまった。
往路で500mlのペットボトル1本空けたのに、現地でジュース飲んで、帰りにまたペットボトル空けて、帰ってからもがぶがぶ飲んで。

まあ、熱中症で倒れるわけにもいかないし。

やはりここもあれだな、平日に休める時を狙って、じっくりと回ってみたいものだ。
またいつかにでもそんな贅沢な時間を。



回数券の有効期限が明日までだ。

そんな仕事場までの2往復分が残っている。

意外と原チャリで移動できてしまっていたからなぁ、この三ヶ月は。

さて、どうしたものやら。

明日が休みだから、1往復分は消化できそうだけど、それ以上はキツいぞ。

あれか。
ここはもう、割引相当分をあきらめるってことで自分を納得させようか。
無理して出かけたりして、それで後々に影響残したりしたら、それこそ問題だし。

よし。
では1往復分は、明日使うことにする。



どうもこのところ、蕎麦やうどんに便りがちだ。

うむ。あれだ。
バテてるのだろう。季節柄。

良くないだろうとは解ってはいても、それでもついつい頼ってしまう。
だって、何も食べないよりはマシだろうと思うから。

で、ま、今日もそんなだったりして。
行きつけの蕎麦屋で、ひやむぎを頼んでしまった。
まさかのメロンまでがついてきていてびっくりしてしまった。
そして、しっかりと氷水でしめてあって、なかなかに美味であった。

ヤバいな。
ヘタすると、この夏はこれにはまるかも。
気をつけないと。


ほとんど見かけないような気がする。

松屋で焼き魚定食を頼んでいる人を。

たいがいソーセージエッグで、次いで納豆で大方を占めてるような気がする。
朝から丼という人もいるし、朝からカレーという人もいる。
でもそれよりもぐっと少ないような気がする。焼き魚定食は。

なんだろう。やっぱり見栄えのわりに値段が高いからか?
でも吉野家だと、けっこう特朝定食という人は見かけるような気がするのだけども。

うーむ。
それともよく使う店舗だけの限定された傾向なのだろうか。



最近リニューアルしていた松屋の朝定食。

焼き魚定食から、きんぴらと大根おろしが消え失せていた。

うわー。
お新香分のコストの埋め合わせをこれでやったか。

ただ、焼き魚の切り身の厚みは、吉野家やなか卯と比べるとかなりあったけどもね。

いいんだよ。厚みが違えば。
レトルトだとわかっていても。
純粋な「鮭」ではないとわかっていても。

しかし、それは別にしても。
納豆の長ネギ、今日は一段と量が多すぎ。
あの納豆の量に、豚汁に浮かべるくらい大量に長ネギつけてきて、どうするんだ?

いろいろとバランスの取り方が、妙だ。妙だよ、松屋フーズ。

ミンミンゼミの鳴き声を聞いた。

今年初だ。
またしても都心でだった。

トンボや蝶も、案外と都心の方が目についたりするんだよなぁ。

それだけ今の居住地は自然に優しくないのだろうか?

うーむ。
確かに冬は寒さが厳しく、夏はやたらと熱いところだからなぁ。


梅雨が。

まあね。昨日、今日みたいな天気になっちゃうとね。
いつまでも梅雨とか言ってられないだろうけどね。

でも今日は晴れてたけど、湿度がそんな高くなかったっぽい上に、風が吹いていて、けっこう気持ちよかった。
あー。
こんな晴れの気候が続くんだったら、まだ耐えられるんだけどな。

無理だろうな。

で、明日は今日より暑くなるって予報が言っている。
勘弁してくれ……。


開票が終わってみたらなにこれこわい。

みたいな。

まあなんて民衆というのは踊らされやすいのやら(棒読み)。

と、ギャグはさておき。

NHKがやたらと気合い入れて速報やってるのだけど、出口調査の結果だけで早々に分析してどうこう言っちゃうのって、どうなんだろ。
それとか、開票作業中に (ということは、投票はとっくに終わっている時点で)、「○○氏と▼▼氏が残る議席を争っています」とかいう表現はどうなんだろう?
有権者による行動はすでに終了しているわけで、その時点で結果はもうほとんど決まってるんだけども、それでも「争っている」って何ごとなんだろう。

まあ、そもそもが「選挙戦」とかいう表現そのものが大嫌いなんだけどね。

移動中の車輌から大音声で名前を連呼するだけのどこが戦いだと?
笑わすんじゃねぇ。


投票に。

なんだかんだで、引っ越して以来、初めて地域の投票所へ行ったような気がする。
そう、小学校の体育館。

いやぁ、エアコンの効いていない中、詰めてる人たちはお疲れ様だ。
そういや、立会人に選ばれるって可能性もあるのか、この先。

いやいや、自分の場合は無いな。そんなこと。
選管には縁がないし。

夜半には大勢が分かるとかいってるけども、はたしてどうなるのやら。



今年はこれまでのところ、うるさい選挙カーとは遭遇してないから幸せだ。

ていうか、あれか。
都議選だと、公示して一週間後に投票か。
そんなに長くないんだ。

さて。
今回は投票日に投票所に行ってみるかな。
いつもだと期日前投票しちゃうけど、今回は逆に投票日の方が暇そうだし。

どうしようかね。
公報でも見て考えるか。


初めてセミの声を聞いたのは、都心でだった。

日比谷公園のわきを通っていたら、ニイニイゼミの声がした。

ああ。季節はどんどん夏になっていってるのだなぁ。

平年値だと、来週あたりが梅雨明けなのだっけ。
あー。暑いのは嫌だなぁ。


「微」

㊁(造)
①ごくわずか。かすか。「─香・─動・─熱・─量」
(明鏡国語辞典)



いつも使ってる消臭芳香剤がドラッグストアで品切れだったので、違うのを買ってきて、封を開けたのはもう何週間か前。
微香をうたっている製品だった。

だけど、のっけから、明らかに「臭い」。それも強烈に臭い。

失敗だ。なんてこった。大嘘製品だ。
消臭どころか悪臭源だ。なにが芳香だ。気分が悪くなるんだってば。
時間が経ってもこんなにひどいとは……。

だから、次は意地でもいつもと同じこれ (↓) を意地でも探して買ってくることにする。

微香空間 まる徳パック ラベンダー130g*2個パック微香空間 まる徳パック ラベンダー130g*2個パック
(2005/02/23)
微香空間

商品詳細を見る



松屋の朝定食、マイナーチェンジした?

食券の販売機で、ソーセージエッグW定食 (440円) なんてのがあったときから、あれ?とは感じていたのだが、その後に小鉢を選ぶとき、いつもだと惰性で納豆と言うところを、さっぱりしたものがほしかったので、とろろを選択しておいた。

で、調理があがるまで、カウンターのすみにあった、選べる小鉢のパンフを眺めてたら……「冷やっこ」? 「納豆 (長ネギつき)」 長ネギ?

あー。なんてこったーい。長ネギつくんだ。納豆にすりゃよかった。

これまで、吉野家の朝メニューで納豆がつくもの選ぶと、やたらと乾いた長ネギが出てきたけど、そうか、松屋でも出すようにしたのか。冷やっこや、豚汁で使うから、できないことはないはずだもんな。
よーし。次の機会に、納豆で詳細を確認だ。

で、出てくると、ありゃ? お新香が増えてる。
なにこの贅沢さ気分。

ただ、ソーセージエッグ定食だと、すでに生野菜がついてるから、なんか複雑な気分ではあるのだけど……。


忘れてた!

新しく追加になった薬を、朝、飲むのを忘れてた。

いちおう医者からは「効果ないと思ったらやめちゃってもいいよ」とは言われてるやつだけど、飲み始めてからこれまでのところ、問題となる症状は出てないんだよな。
ってことは、プラシーボ的なものがあったとしても、効果があったということかな。

それを飲み忘れてしまったとは、なんたる不覚。

まあ、いいか。
致命的な症状を改善させるようなものではないから。
たぶん、体内には、まだ成分が残ってるだろうと勝手に思うことにしよう。

あ。

そういう意味では、明日あたり、症状がでるのを警戒しないといけないのか。
気をつけよう。そうしよう。


今日はなぁ、できれば原チャリで移動したかったんだよなぁ。

東京タワーのライトアップが、ちょっと特殊なパターンだったんだよなぁ。
それも今のところ、今夜だけの。

だけど、朝の空模様が良くなかったから電車で動いてしまったよ。
傘も持ち歩いていると、さらにカメラの荷物増やす気力は無いんだよ。

帰りには雨がすっかり上がっていただけに、よけいに悔しい。

あー。

次に同じようなのは、いつあることやら。
あーあ。

長い連載の途中で、作者が体調を崩して、ストーリーが中断してしまうのは、全くないとはいえない事態だろう。

そんなストーリーの一つが、今、ちゃんとした終わりを迎えようとしている。

愛蔵版 鉄錆廃園 (1) (WINGS COMICS)愛蔵版 鉄錆廃園 (1) (WINGS COMICS)
(2009/06/30)
華不魅

商品詳細を見る


愛蔵版 鉄錆廃園 (2) (WINGS COMICS)愛蔵版 鉄錆廃園 (2) (WINGS COMICS)
(2009/06/30)
華不魅

商品詳細を見る


作者の体調がまだ万全でないらしいのが気がかりではあるが、こうして本人も気にかけていた物語を、きちんと終わらせて形にしようという気概には、もうひたすら恐れ入るだけだ。

まずは1巻と2巻が出た。
今月末には、3巻と4巻とで完結する予定とのことだ。

さあ、今夜はじっくりと、その世界が再び開かれたことを喜びながら、じっくりと味わうことにしよう。




自賠責の更新しましょうね、とお便りが来た。

期限内になんとかするとしよう。

長期間の設定にした方が日数あたりの単価は割安になることは分かっている。
さあ、そこでどうするか、だ。
たとえば36ヶ月にして、今の原チャリが3年持つかとか。

ま、CUBならもってくれると思っちゃうんだけど。

でも実際に払い込んで手続きするまで、もう少し考えてみることにしよう。


この間、DVDで見たような記憶もあるが、それは気にしないでおくことにする。

まあ、今までさんざんネットなどで言われてたようなものばかりである。

それくらいしか語ることが無いものなぁ。


この間、雑誌をどっさりと回収に出したような気がするのだけど。

でも、今日、また山が高くなっているのに気付いた。

いやね、勝手に高くなったりするはずはないけどね。
そりゃ、いくつか上に乗っけたりはしてるけどね。

だけど、思ってたよりも高くなっているのを目にすると、ちょいと驚く。
マジで驚く。

自分でやってるはずなのに。

さて、また回収に出さないとな。

// HOME // NEXT
  1. ばら