カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索

Amazonおすすめ とか

自動リンクでいったいどんな商品がピックアップされるのか実験も兼ねて置いてみました。 はたしてこのブログはamazon的には……。



載せてみたりする。

リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土曜日に交換したというのに。

原チャリのテール・ランプのバルブを。

それが今夜、帰り道にふと見てみると、また切れてるなんて。
土曜日に交換して、日曜日は天気が悪かったから使わないで、月曜日も天気が悪かったので使わなかったから、二日間の使用の間にまた切れたことになる。

なんてこったい。

こうなったら、明日の朝、バイク屋に寄り道してから行こう。
そして、「また切れた」と伝えよう。

運が悪いのか、機械が悪いのか、それとも使い方が悪いのか。
困ったものだ。

スポンサーサイト
膝の(以下同文)。

原チャリで(以下同文)。




そりゃぁ、昼間はすんごい雷雨だったけども。
移動している間はまったく関係なかったのが今日の結果。



まあ、回数券を期限内に使い切ることはできたけど、なんかあんまり嬉しくない。


10ヶ月が経過したので、オンラインでポチッと。

ウィルコムだと、機種変更までオンラインで受け付けてもらえるので、楽ちん。
対応している機種だと、通信網側でいろいろやってもらえちゃうんで、さらに楽ちん。

そんなことで、ポチッとした翌日にさっそく到着。

070729a

新しく始まった割引サービスで、新しいスマートフォンに替えるという手も選択肢としてはあった。
でも、これ、割引を最大に活かすとなると、2年間使い続けることになりそうなので、それはやめて、ひとまず W-SIMを最新のものにすることに。

W-SIMは抜き差しする際にどちらにしろ電源を切ることになるので、現品に同封された書類にある日時の後で入れ換え作業をする。
でも、その先に進まないのは我が家の電波状況のせい?
何度か電源の入れ直しをしても変わりなく、W-SIMの情報を見ても電番が無い状態なので、そのまましばし放置。3時間後にもう一度やってみたら今度は成功。

さあ、これで新しい通信方式にも対応したということで。
10ヶ月は乗り切ろう。


土曜日夕方に、NHK教育でオンエアしているアニメ、電脳コイル。

今日は単なるギャグ回だと思っていた。実は。

いや、ギャグもあった。
まさかこの時間帯の、このチャンネルで、股間にモザイクかけた映像が流れるなんて!
繰りかえすあたりも狙ってるし。

しかし、その後がさらにすごかった。
予想をはるかに超える部分まで突き抜けてくれて。

SFだ。SFだ。それも上質の。
序盤の流れから、こんなところまで展開するなんて、ほんと予想だにしていなかった。

えーと。
DVD購入候補に入れちゃう。
いや、本気で。




閉店時刻迫るスーパー・マーケットに寄って帰ってきた。

そんな時間ともなると、目指したいのは値引き品の数々をゲットすること。
そして見つけたのはカットした西瓜。大玉の1/10くらいの大きさだけど、一人で食べるには十分なサイズ。
ここで出会ったのもなにかの縁。明日になったら今度はもっと細かく切られてパック入りになってしまうかもしれないから、まだ少しは形を残しているうちに買い求めてきた。

うわあ。
甘いいいいい。
塩をかけるのがもったいないくらい甘い。
なんかそれだけで幸せになれてしまった一瞬。

仕事場の近くに寿司屋ができた。

それがまた寿司屋とはいっても、ランチメニューには1000円の握りなんてのがある。実に魅力的に見えてしかたがなかった。
それは他の人々にも同じなようで、12時ともなると店内はすぐに満席。店の外には2、3人立って待っているなんて光景も見かけるようになった。
この暑い季節に並んで待つのはイヤなので、時間を少し遅らせて行ってみた。
そしたら、なんと残念、「ごめんなさい。酢飯終わっちゃったんです」とのこと。
でも、定食メニューがまだ大丈夫だとのことなので、750円の焼き魚を頼んでみた。
おやおや。サンマの干物だけど、良い品ではないの。ご飯の量もたっぷりあるし、他にお新香、小鉢、卵、お吸い物でこの値段なら悪くはないかも。

そして今度こそは握りメニューにも挑戦だと心に誓うことに。

ばーか!


AAはもったいないので省略。



地上波深夜に地道にオンエア中のDARKER THAN BLACK-黒の契約者のサントラ

音楽は菅野よう子。
全体的にバンドっぽいサウンドに仕上がっている。バンドといっても、ホーンセクションを加えた方向。どこか Cowboy Be-bop を思い起こさせもするが、映像ともハイテンションなセッションをしていた過去作よりも、タイトル通り劇に伴うものとしての位置にしっかりと立っている感じがする。
参加ミュージシャンに、バカボン鈴木と渡辺等の名前を見つけてワクワクしてしまった自分がここにいる。こんなのは特殊な部類なのだろうが。
上質なサウンドにまとまっているので、日常の中でBGMで流しているのにも邪魔にならない。オンエアとしてはまだ2クール目の途中なので、まだトラックに収められていない音源が今後出てくるかもしれない。
そんなところにもひっそりと期待。

そして、ぬこ!



DARKER THAN BLACK-黒の契約者- 劇伴 DARKER THAN BLACK-黒の契約者- 劇伴
TVサントラ (2007/07/25)
Aniplex Inc.(SME)(M)
この商品の詳細を見る


帰り道。

仕事場を出た直後、初老のご婦人に道を尋ねられた。
「地下鉄の■■駅はどう行けばよいのでしょう?」
ありゃぁ。奥さん。今歩いていたのとは反対の方向だよ、それは。
少しばかり距離はあるけれど、すごく目立つ目印を伝えたから、まずはそこまで頑張って行ってもらえば、後はきっと大丈夫なはず。

その後、原チャリで走って西新宿で信号待ちのとき。
手前の原チャリの青年が振り返って尋ねてきた。
「この辺にガソリンスタンドはありませんか?」
あっちゃぁ。よりによって無いあたりでそう聞かれてもなぁ。
おまけに目の前の信号がそろそろ青に変わるタイミングだったし。
ひとまずスタンドがありそうな大通りへの出方を伝えておいた。
大久保のあたりまで戻っても良ければ、あるにはあるのだけど、道を知らないと辛いだろうし。
ある程度分かってくると、都心部に入る前に満タンにしておいた方が無難だと学ぶのだけど。

はてさて。二人とも無事に目的を果たすことができたのやら。


今日の関東平野は久しぶりの晴天。

とうぜん原チャリで移動。
空気は乾いているので、そんなに不快感はない。

しかし忘れていた。

シャツの袖をまくって露出していた肌の部分が真っ赤。
そしてひりひり。

買っておいたシーブリーズをぱしゃぱしゃ。
あんまりクールダウンしていない気がする。

ううう。ひりひり。
しかたない。これからまた、シーブリーズをぱしゃぱしゃ。

松屋のトンテキ定食が終わっていた。





 (´・ω・`)





しかたがないので、牛焼肉定食を食べてきた。

ケータイ開発に関する内容をやっている。

でも、L704iって、10月発売予定なんだよなぁ。

販売するタイミングを考えると、ソニエリの二の舞になりそうな気もする。
要は遅すぎるということ。

だって10月なんていったら、そのあとほとんどすぐみたいな時期に905iシリーズが出てくるはず。
デザイン性だけで、その逆境を乗り越えられるのか?

ま、自分の場合は年末まで機種変更はいずれにせよしないのだけども。




見かけた黒人の男性。

まつげがやったらとカールしてる。
上も下も。それはもう見事なくらいにくるんと。

あれで長さがあったなら、世の女性たちが羨んだことだろう。

ちょっとばかり見つめてしまった。


膝の調子が悪いから(以下同文)。

ある程度は疑ってかかるようにはしていても、あれだけ自信ありげに言われてしまうと思わず納得してしまうしかない。
でも、できるなら、原チャリで(以下同文)。

明日からは、原チャリで動けるといいな。

キミはほんとうにバカだなぁ!


見ている方が恥ずかしくなった。


最新のコミック ハイ!だと、こじかのアニメは秋からのオンエア開始に向けて着々と準備中の様子。

原作者のサイトを見ていると、打合せも多々行われているらしく、いろいろと作業が進んでいるのだろう。
そういや、アニメの公式サイトもできたようで。そのうちに情報が充実するだろうと勝手に期待。

アニメ版の制作するスタジオ、実力の程は今オンエア中のななついろ★ドロップスでなんとなく分かった。
このレベルが次でもキープできればラッキー。

それにしても今回の雑誌掲載分は、なんてキワドい方向へ。
いやいや、それが必要でやっているということは理解しているけども。
でもサービス濃厚で、もうなんと言えと。
投票日は仕事が入りそうな気配もあったので用心をして。

行ってみると、これまでになく人の姿が多かったように思えた。
土曜日の昼間ということもあるかもしれないが、入口の脇で「選挙のお知らせ」の裏面に必要事項を記入している人が数人。最初の受付で3人待ち、記入する台にも他の人の姿があった。
比例区の投票箱の脇で、係員に初老の男声が「何を書けばいいの?」と質問していた。うーむ。この得票の分配方式はちょっと素直には分かりづらいのかもしれない。

さて、ひとまずは今回の投票は終わり。
来週の開票の結果は、はたしてどういうものになることやら。



題して「屋外で集団でヲタ芸」。

http://www.youtube.com/watch?v=9TRciEQNYnY

この人たち、前の晩に前後半90分+延長戦30分を戦っていたとはとても思えない。
特に動きのいい前列(向かって)右端は今年32歳。前の晩はフル出場。

すごすぎ。


やはり都心の木々が茂っている場所でのこと。

まだ梅雨明けしそうもなくて、涼しい夜が続いたばかりだというのに。
でもセミは鳴いていた。
盛夏に鳴くアブラゼミやミンミンゼミではなく、ニイニイゼミの声。それも一斉に鳴き競うようなものではなく、茂みのところどころで銘々が気ままにソロを繰りかえしている。

今日は雲のすき間から時折うっすらとした陽光が差し込んできてはいたけれども、週間天気予報ではまだまだこの先もはっきりしない天候が続く様子。
あまり暑すぎても困ってしまう我が儘な自分としては、このくらいの気候が続いてくれれば過ごしやすくてありがたいもの。
それに関東平野は、あまり電力需要が高まるとヤバイ状態だし。

さて、今夜の予報は雨。
しっとりと降る雨音を子守歌がわりに眠りにつくことにしよう。


毎日新聞社の前で信号待ちをしていた。

上のほうから高い音が聞こえるなと思い首を上げてみると、10羽以上のツバメが宙を舞っていた。
都心とはいえ通りの両側には街路樹があるし、中央分離帯にも緑があり、それになにより皇居がすぐそばだ。だから餌となる虫には意外と不自由しないのかもしれないし、営巣する場にも事欠かないのかもしれない。もしかすると、車の多さと夜の明るささえ注意すれば、そんなに悪い場所ではないのだろうか。

そんなツバメたちの中を、小さめのトンボが1匹飛んでいた。
めざといツバメがさっそく餌として捕まえにいったら、トンボも気配を感じたのかさっと動きを変えて抗おうとしていた。

のどかに見える景色の中にもある、自然の姿。

その内容が自分に返ってくるというのは、割と見かける状況ではある。

リアル・ワールドでも、ネットの世界ででも。

しかし、国政選挙の場でそれをやってしまう人物がいるとは。

そんなお馬鹿な候補者が自分の住んでる選挙区にいるってのは、なんだか楽しい。もしも参議院選挙の投票の方法が、非適格者を選択するようなものだったら、その候補者をまず一押しで記入できるのだから。

まあ、現実はそうではないので、そういうお馬鹿な候補者には投票しないのが一番。そしてそんなお馬鹿な候補者を公認してしまうような……おっと、以下自粛、と。


とある販売系のサイトを見ていた。

抱き枕カバーって、9000円以上もするんだぁ。
すんごい、いい値段。

そういや、こじかの読者向け販売のもいい値段していたよなぁ。
あれだけの面積、しかも裏面もプリントするとなると、やはりそれくらいの値段になってしまうのやら。

フィギュア以上の出費とは。
いや、フィギュアの世界も、PVC製品でなくなると、とたんに桁が変わったりするものなんだけど。
いずれにせよ、簡単には手は出ない。

……はずなんだけど、時に9000円以上CDを平気で買ってたりするよなぁ。
あははははは。


野外音楽堂のそばを通ったら、コンサートをやっていたようで、大きな音が鳴り響いていた。

そこそこの音量だったので、残業中、いや、休日出勤の国家公務員の人たちは賑やかな労働環境だったかもしれない。

あー。
そういや何年か前は、自分も野音のイベントでオーディエンスの中にいたこともあったなぁ。
あの時は長丁場のセットリストが終わってから日比谷公園の中を歩いていると、月がぽっかりと浮かんでいるのが気持ちよい光景だった。

ま、またいつか機会があれば、そんなイベントに行くのもいいかもしれない。

山本って!!




イガーがんがったのにね……。





今年のNHK音楽祭

ゲルギエフが来るのに。
日曜日の公演なのに。
プログラムに「春の祭典」を始め、ロシアの曲がずらりなのに。

予定枚数の販売終了。


  orz 



もっと早くチェックしてたなら。 (;´д⊂)


「間違ってるよ」

知り合いならそう言ってあげる。

あきらかに言い方が変だし、そもそも自分の行っている内容に関して正しく理解していないのだろう。本来なら、そういうことにはものすごく敏感でなければいけないはずなのに。

でも、直接関係ないことだから、なんにも言わない。
生暖かい笑みを浮かべながら見まもるだけ。


どうも昨夜あたりから、室内でのPHSのアンテナの立ち方が元に戻っているように感じる。

電界強度が回復したのだろうか。

はっ! ということは、それまで近所のあのビルの屋上にアンテナが機能していなかったということ?
もしかして、気づいたときにすぐサポートに連絡すればよかったのだろうか。

まあいいや。元に戻ったことだし。


今日は午後からは雨だと言うから、電車で動いたのに。

降らないじゃん。

今週は膝の調子が悪いから、できるだけ原チャリで移動したかったというのに。
このところ連日電車での移動で歩いてばかりなので、なかなか良くならないのが悲しい。

あー。
もしかして調子悪いのって、台風がやってきてるからなんだろうか。
どことなく気管支の方も微妙になりつつあるし、困ったもんだ。
週末に当日券でぶらりと出かけようと思ってた先もなんだか微妙になりつつあるしなぁ。
あーあ。

昨日――あ、もう一昨日か――発売のLaLa specialを今日の帰りに買ってきて、一気に。

あ、でも一本読み飛ばしたか。
本誌連載でも肌に合わないのでスルーしてるのが。

ふぅ。

ムキになって一気に読むんではなかった。
睡眠時間が……。


予報だと週末あたりにもろにやってきそうな感じ。

そんなの無いでしょ。こんな時期から。
もっと頑張りーや、太平洋高気圧。

あ、でも暑くなりすぎない程度に。

----
sent from W-ZERO3
今日は納豆の日だったか。

昨夜食べたからいいや。

それにしても昨夜の納豆は小さな豆だった。
パッケージには特に書いてはなかったように思うのだけども、一瞬、もしかして等外品なのか、なんて考えが頭の中をよぎってしまったくらいに小さかった。
そして添付のタレの小袋、中身の色が薄かった。
昔は、醤油だけでかき混ぜたりとかだったのに、今ではこんなものまで付いてくるとはなぁ。

あ。
こんなこと書いてたら、また食べたくなってきた。
でも今日はラーメンの予定なんだよなぁ。どうしようかなぁ。

----
sent from W-ZERO3
空が、夜空が失われたという設定の物語がある。

都心部にいると、星空はとっくに失われている。
うっすらと乳白色、あるいは橙色に染まる空に浮かぶ天体は、月といくつかの惑星、1等級よりも明るいわずかな恒星だけだ。
はるかな時間、遊牧民が、船乗りが形を描き続けた物語の登場人物たちの姿を探すのはものすごく困難なことだ。

現代には地上の星があるだろう、という声もあるかもしれない。
しかしそんなものは虚飾だ。その輝きは惑星の寿命を蝕みながら維持しているものだ。

星空はどこにあるのだろう。
もしかすると、失われた宝なのかもしれない。
そして、それは文明が潰えるとき葬送のために再び姿を現すのだろう。

中身が女子高生なら、その仕草はちょっと違うだろう。



演出のチェックが甘いのかなぁ。




我が期待の作家、鈴木有布子の現時点でのコミックス最新刊。

作者曰く「笑いあり涙ありのエンターテインメント!」、座敷わらしと暮らす一色家の物語も最終巻。
新キャラも登場して準レギュラー化しそうな勢いの中、物語は落ち着くべきところにきれいにハマった感じだ。

この作者の良いところは、物語のメリハリの効かせ方がうまいこと。
見せるところは見せ、流すところは流し、そして読み手へ想像する部分を残すところは残す。その匙加減が気持ちよい。

それが最近の流行ものと比べたらどうか、というのはあるにせよ、しっかりと組み立てのできる技量は引き続き見まもっていきたいものだ。

そして一月休んだ後に読み切りを出して、新しいシリーズの連載を始めた。このコミックスを含めて少々ファンタシーな部分がありはしたが、今度の連載もなかなかにファンシー。日常の中にちょっとだけ、異質なモノを挿入するところから始まるどきどき感はどういう方向に走るかが楽しみ。

それにヒロインは小学2年生のメガネっ娘だし。



罪と罰 3 (3) 罪と罰 3 (3)
鈴木 有布子 (2007/06)
新書館
この商品の詳細を見る
仕事でいっしょに作業をする人がぼそりと言った。

「来年は○○○○は○○○○でいこうと思いますから」

おおおおおお。
それ、実現するなら、もう踊っちゃう! 祭りだもの。

まあ、今のところ、絵に描いたナントカなのには変わりはないけれど、目標や夢を持つのは大切。
あー。なんだか張り切っちゃうぞ。

でも、実現すればいいなぁ。

おっと。あぶない、あぶない。
これも棚の上に、と。

地元の店ではポスターを見かけないので、やっていないのかもしれない。



でも中国産だからいらない。


YMOだ。

正座待機。



明日?
それはチケット手に入らなかったもの。



いつもの番組の星占いでは、今週は臨時収入の可能性があったらしい。

仕事場で唐突に出てきた話。
「将来的に、事業規模を拡大するから、その時はよろしく」と言われた。
なるほど。それに伴う待遇の改善から来る臨時収入の可能性だったとは。

しかしあくまでも「将来的に」な話。それも絵に描いた餅みたいなもの。
過剰な期待は禁物。
とにかく今は目の前の状況を少しずつでもなんとかしないと。

そんなわけで、話の内容は棚の上に。

ひとまず、こういうものをアップしてみる。

070705a

そして誰かネタにしてくれるのではないかと勝手に期待してみる。


いくら可動だとはいえ……。

こういうルージュレモネードが出るらしい。

しかし、5桁。
無理。いろいろと。

機種スレでは、SH903iTVもワンセグ録画の不具合に関するレスが多いなと思っていたら、ソニエリは確定させちゃったとは。

「SO903iTV」の一時販売停止のお知らせ (NTTドコモ)

903iTVシリーズの中で最後の発売となり、それも延びがちになっていたのがようやく出てきたと思ったら、こんなことになるとは。

ソニエリがんばれ。
でないと、905iで置いてかれてしまうかもしれないぞ!

と、今は SH903iTVをメインに使っている自分は思うのであった。



余談。
いっぽう、今日は SO902i を使ってる女性を見かけた。一人はホワイト、一人はブラック。
コンパクトなサイズなのがちょうど良いのかな?

消しゴムがけをしっかりとやってください。







下書きの線、見えすぎ……




脳内メーカーというのをやってみた。





うーむ。なんとなく納得してしまう。



ちなみに、ちがうものの場合は、ちがうところへ(謎)。

今朝もピークフローの数値は改善しなかった。

それよりも、歩くとキツい。
もろに体力が落ちているのが分かってしんどい。
雨さえ降ってなければ原チャリで移動できたというのに。
マジで一瞬、タクシーで動こうかと思ってしまった。

しかし時間的な問題もあって、けっきょく電車。
幸い、行き先の関係でそんなに混雑しなかったのと、ほどなく着席できたので、大事には至らなかった。
とはいえ、電車を降りてから先がまたあるわけで。
なんだか半分くらい気力と惰性で歩いていたような気がする。

今はやっとピークフローがいつもの範囲まで戻ってきた。
しかしまだ油断しない方が良さそうな感じだ。

// HOME // NEXT
  1. ばら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。