カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索

Amazonおすすめ とか

自動リンクでいったいどんな商品がピックアップされるのか実験も兼ねて置いてみました。 はたしてこのブログはamazon的には……。



載せてみたりする。

リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知る人ぞ知る店らしい、実は。

平日のランチタイムにしか営業していないというのに、カウンター席だけの店内はいつも満席。
でもテイクアウトもできるので、ときどきお世話になっている。

通はとにかくスパイシーな辛さ満載のビーフを選ぶらしいけれども (ほんとうに食べ終わる頃には汗だくになる)、今日はなすと挽肉を選択。

061031a

スパイシーさは少し落ち着いていて、ショウガが効いていたりして、挽肉たっぷりで、冬場のさらに曜日限定のロールキャベツカレーともども好きな一品。
いつもだと付け合わせはジャガイモなんだけども、今日はそれが切れてしまったか、「キャベツの酢漬けで良いですか?」とわざわざ問われたけれども、これもまた程よい酸味が GOOD。

あれ? そういや昨夜は中華料理店でなすと挽肉の辛味噌煮込みのセットを食べた記憶が……。
まあ、いいか。


スポンサーサイト
今でも活動を続けている日本最古のロック・グループ、ムーンライダーズの30周年を飾るアルバム

正直言うと、先行発売のシングルが出たのを聞いたときには不安だった。もしかして、フォークロックのスタイルにまで逆行してしまったのだろうか、と。
でもそれは杞憂だった。

流れてくる音は、しっかりとバンドとしての存在感あふれるロックだった。
仕上がりだけを聞いていると、なんだかご機嫌なノリのものもあるし。

ただ、ここ何作か続いている過去を振り返る視線は無くなってはいない。でもそれでいい。なにせメジャーデビュー以前も含めれば、40年近くも現場に居続けていた、そして常に時代より先を走っていたグループなのだから、今の目線で自らの人生をも振り返ってみたって、誰も文句は無いはず。

そしてなによりも、いい年をしたおっさん連中がこんなに元気なんだから、みんなももっと頑張らないと。

自分としては、常に少し変わった雰囲気を持った楽曲を作ってきた橿淵哲郎がキャッチーな曲を書いていたのが印象的だった。
鈴木慶一の書いたものは、なにやら思いものを持っていそうで、今は軽々しくどうだとは言えそうもない感じだ。

だからこのアルバムも、これから何回となくリピートして聞いて、じっくりと噛みしめてみようと思う。
ケロロ軍曹で何度となく登場して気になっていた熊本名産いきなり団子

イベントの現場で、実演販売していたので、これはチャンスとばかり買ってみた。

061029h

作り方を見ていると、どうやら皮をむいたサツマイモを輪切りにして、そこにあんこを載せて皮をかぶせて蒸して完成の様子。
あんには、粒あんと、紫芋のあんに栗を加えたものがあるらしい。

そして出来上がり。

061029g

持ち帰ってくる間に冷めてしまっていたけれど、それでも美味しい!
まず皮が絶妙。適度にむっちりしていて、そして芋がこれまた冷めてるのにホクホクしていてすんごく美味しい。
軍曹! こんな美味しいものを作っていたなんて!
なんというか、ふつうの饅頭とはまた違ったこの感じがなんともほんとに良い。
日本の名物、まだまだ知らないものがあったんだなぁ、なんてつくづく思ってしまった。

そしてもう一つお土産。

061029i

宇和島名物のじゃこ天その他。
こちらも冷めてしまっていたけど、これまた美味。

うー。おちゃけを買ってくれば良かったなぁ、なんてちょっと後悔。
しかも天ぷらが揚げたてだったら、もう最高かも。

そんなことで、今日はちょっとした贅沢。
これはちょいと違うところにあった店。

だし茶漬けというのに惹かれて、ついふらふらと入ってしまったりして。

061029e

盆に載って出てくるのは、茶漬けのセットに、お新香と小皿二品。本日の小皿はふろふき大根と、豆乳のかかったおぼろ豆腐。

急須に入った熱い出汁を丼に注ぐと、ふんわりと海苔の香りが漂ってくるのがまず食欲をそそる。そしてワサビがあったのに気づいてあわてて追加して残りの出汁をそそぐとこんどはワサビの香りも加わる。うわぁ、至福の時。

軽く外側の色が変わる程度に炙ってある明太子は、ちゃんと辛味の調味液につけ込んであって、かじると口の中に程よい味わいがぶわっと広がる。
うわぁ、お茶漬けがこんなに美味しいなんて。

よかったよかった、気になって入ってみて。
新宿や高田馬場や渋谷などにも店があるらしいので、気になるほかのメニューもそのうちに試してみよう。

偶然にこういう美味しい店に出会えると、なんだか嬉しい。

で、おまけ。

061029f

とぶっちではなくて。

けっして足蹴にしてるわけでもなくて。
いっぽう、本来の目的だったのは、タコ焼きの始祖と言える、会津屋の商品。

061029d

本来なら、本来なら、元祖タコ焼き、タコ焼きの原型とも言えるラヂオ焼きを期待してたのに、どうやら準備してきてたのはタコ焼きだけだったらしく。

でも、それでも、元祖なら! 元祖を、元祖のために、食してみなくては!

で。

実は、マヨネーズはおろか、青のりも、削り節も、お好みソースもかかっていないし、紅ショウガも入っていないけれど、これで正解。だって生地に醤油ベースの味がついているから。
その味がけっこうしっかりと効いている。それも後を引く感じがする。このシンプルさは、これはこれで良い感じ。
自分的には、あんまりマヨネーズかけられてしまうと、マヨの味しかしなくなってしまうのでちょっといやなのだけど、こういう基本に立ち返ってみるのもよいものだ。

でもなぁ、やっぱりラヂオ焼きも味わってみたかった……。
鳥つねの親子丼といえば、たしか有名なところ。

それが、ちょっと普段着で行くには躊躇ってしまいそうなところなのが、なんと船橋の東武デパートのイベントに出店していたので、思わず入ってしまうことに。

061029a

普通の親子丼でも4桁のお値段なのだけど、ここはせっかくなのだから、特上にチャレンジ!
だってもう、肉は比内地鶏、かえしの醤油も味醂も特別製、卵は兵庫のこだわり卵を三つ、米は福島産コシヒカリ。そこまで言われたら、だまって帰るわけにはいかないというもの。

061029b

順番に調理されるのを待つことしばし。
ちょっと大振りの丼に、お新香がついて特上様ご登場!

061029c

画像では分かりづらいかもしれないけれど、卵が程よく固まりかけたものと、いい具合の半熟のところと、固まり始めたとろとろの部分がかえしといっしょにご飯にまみれたものと、もう絶妙の組み合わせ。調理に技と粋を感じるところ。
もちろん、肉も質感が違う。ネギの類が入ってなくても、するすると箸が進む。いやぁ、美味ですよ、美味。さすが。
本来の予定にはなかったところだったのだけど、勢いで入っても、これはもう大正解。奮発しただけのことはあったというもの。満足、満足。
ゲスト・ヴォーカルに木村カエラを迎えて再々結成したサディスティック・ミカ・バンドのフルアルバム

ただし全面的に木村カエラが前面に出ているのを期待したらいけない。
それでも加藤和彦が発表記者会見で「今までで一番、歌がうまい」と言うだけのことはある。存在感は桁違い。
CMでも流れていた「タイムマシンにおねがい」の最初の音がびしっと決まるのはちょっと身震いしてしまうほど。

他の楽曲も、メンバーの個性がくっきりと出たものがそろっていてなかなかに面白い。
「全曲叩かされた」という高橋幸宏のドラムも軽快だし、プロモーション映像では、高中正義がそれはそれは楽しそうにギターを弾いている姿が印象的。いまだにロック魂を溢れさせている小原礼も含めて、メンバーの「今」の音が並んでいる。

それにしても、DVD付きの初回限定版のほうが通常版
よりも安くなっている amazon はとってもお得かも。
アドビがソフトウェアのアップグレードに際してのポリシーを改訂するらしい。

アップグレードポリシー変更について (アドビの告知)

早い話が、次のメジャーバージョンアップの時から、対象となる製品を3世代前までに限定するということだ。
なんてこったい。
アドビのありがたかったところは、どの過去バージョンからでもアップグレードできるようにしていたというのに。もしや合併されたマクロメディアの連中が妙なことを吹き込んだのだろうか。

たぶん、WindowsVISTA が出てくると、かなりのアプリがバージョンアップするだろうから、来年までには考えておかないといけない。なんせ手元には After Effects standard 3.5 なんてのがあることだし。

唯一の救いは、Macromedia Studio がこれで逆に救われたこと。なんせマクロメディア製品は2世代前までしか認めていなかったから。

でも、こういったことは、サイトのトップにもっとわかりやすく告知してほしいものだ。
ウェブジンの記事を見るまでぜんぜん知らなかったから。

AV Watchの記事

ほかにも見かけたという人がいたので、どうやらこれはほんとうに実在したらしい。

061027a

夢ではなく。











いえ、単に撮影したのを忘れてました。

 orz 


昨日、帰宅して、原チャリから降りたらなんかどこか違うような気がした。

よーく見てみると、ありゃ。テールランプのバルブが切れてる。
幸いブレーキ作動時には点灯していたから、最悪の状態ではなかったけども、ちょっと危なかったかもしれない。

しかし走行距離的にはたしかにバルブがヤバくなってきてもおかしくはないのだけど、どうせなら来月にはオイル交換するのだから、それまでもってくれればよかったものを。

とりあえず、仕事の合間にちょこっと町の自転車屋さんに行って交換してもらって、今日は安心。
これで整備不良だとかイチャモンをつけられたりはしないぞ。
おもしろそうなトラックバックテーマなので、さっそく挑戦。

五時の原因となるのは、多分にタイプミスと、日本語変換のなせる技なのだろうけど、自分の場合は……どっちもあるかもl。

タイピングは基本的にローマ字入力。なにせ最初に憶えたキー配置がタイプライターだったから。だからほんとうは、キーボードは英語キーボードのほうが好みだったりするのだけど (スペースバーも長いことだし)、ノートパソコンを店頭で買ったりすると、なかなか英語キーボードを選ぶことができないので、日本語キーボードでも大丈夫だし、場合によっては両方並んで作業したりすることもある。
タイピング速度は我流ながらも、それなりの速さは保っている。昔、チャットでかなり鍛えたかr。なんせ正確にゆっくりと入力しようとしていたらあっという間に流れから置いていかれてしまう。すると必至に打つから動作も速くなるし、必要な単語はどんどんと辞書に登録していくことになった。

日本語変換はDOSの時代はWXシリーズのカスタマイズ性の高さに惚れてずっと使っていたのだけど、ある時期からぜんぜん新バージョンがで亜無くなってしまったので、今では ATOK を使っている。辞書の内容はその都度変換したりして引き継いできているので、たまに見てみると懐かしい内容が結構あったりする。でも逆に、変な辞書登録ばかりがあって、もしかするとそれが誤変換の原因になっているかもしれないから、あんまり誇れることではないのかもしれない。

うーん。案外スムースに入力したつもりではいたのだけど、それでもミスタイプがぽちぽちとあるし。
まだまだということなんでしょうな。lきっと。

雨降りだったので、電車で往復。

で、帰り道。
向かい側のシートに座った若い男性の使ってるケータイのストラップ、どこかで見かけたような感じがしてならなかった。
くいっと手首を捻った瞬間に見えたのは、そう、あのサイコロ頭。ジゴロウのものだった。

おおお。まだ使ってる人がいたとは。

思わず声をかけてみようか、なんて思ってしまったけれど、彼もきっと、遅くまでがんばっていて、やっと帰れると一安心しているかもしれないところに、変に声をかけられても迷惑だろうと思い、やめておいた。

いや、実は、そんな行動をすると自分が恥ずかしいというのもあったけども。
週末から出かけたりする用があったので、さっそく新しいウォークマンの使い勝手を試してみたり。

ノイズキャンセリング機能は、けっして全ての周辺のノイズを消してくれるわけではなく、周波数の高い成分は残ったりするのだけど、それでも地下鉄の中であってもボリュームをそんなに上げなくても曲が聞こえるのがありがたい。
後、コンビニの冷蔵展示棚の動作音ってかなりウルサいのが分かったりしたし。

動作はこれまでのモデルと比べると少しもったりしている感じがする。
例えば電源を入れたとき。ほんの一拍おいた後に簡素なアニメーション表示があって、再生するまで少しばかり待たされる。
あと曲を次に送ったときの反応も。リング状のスイッチを操作して、位置が復帰したときに反応するのはこれまでと代わりはないのだけど、動作幅が感覚的に大きくなっている上に、位置が復帰した後にやはりほんの少し間があってから反応がある感じだ。
これはもしかしてダイナミック・ノーマライザー (曲毎に音量のばらつきを補正する機能) のせいかと思って、オフにしてみたけど変わりないからどうやら仕様なんだろう。
ま、そんなに気にするほどではないし、メモリー型プレーヤーとしての反応の良さは損なわれていないから十分だろう。

で、すっ飛ばし、すっ飛ばししながら聞いていても、ようやく二周目。
いやー、たくさん入ってる。ほんとに。
なんとやら。

帰りに、双子編が載っている原作コミックスの2巻と3巻を買ってきてしまった。
さあ。今夜は浸ろう!

そうそう、コミック ハイ!も読まなくては。

ということで。では!
弁当を作ってもらっていたのって、ものすごい遠い記憶だからなあ。

だからなんだろう。うーん。

小学校、中学校は、学校に給食室があってそこで作ったできたての給食だったし、高校では学食やら購買やら近所の食堂やらのお世話になってしまったから、たぶん古い記憶は幼稚園の頃か、はたまた遠足とかの時に持っていたものだと思う。

で、記憶の中をごそごそと引っかき回して、ひっくり返して、探し出してみるとカレー。おかずっていうのも変だけど、カレー。
弁当箱の蓋を開けるとご飯が一面まっ白にいっぱい詰まっていて、一瞬びっくりするのだけど、実は底にご飯を敷いて、その上にカレーを広げて、さらにその上にまたご飯をかぶせてこぼれにくくしてあった。
まっ白なところに、そんなときには箸の代わりについていたスプーンを差し込んですくってみるとカレーがちゃんと顔を出す。それがとても嬉しかったのを憶えている。

今なら……レトルトのパックを持っていって終わりにしてしまいそうな気もするけど、昔はそんな単純なことでもとても喜んでいた。
いいなぁ。純粋なことってのは。
東京MXテレビでオンエア。

すでに臨戦態勢。

もう、なんとでも……。


 ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
 

公園の噴水で待つバラライカのバックの夜空に星が流れてたよ。

そんな現在、テレ玉でリアルタイム中。
はい。バカがここに一匹。
今クールで実はあまり注目はしていなかったのだけど逆に期待を裏切ってくれたのが Black Lagoon

春先の1クールの時には、あまり気にすることもなく見ていたので、今回もその流れの続きのつもりだったのだけど、それがまたシリーズ再開でいきなりとんでもないものを持ってきてくれようとは。
素材的にもかなりキワドいものがあるというのに、それがまた血みどろばかりになると、深夜帯とはいえ、よくまあ地上波でここまでやったものだと思う。東京MXテレビだと、23時半の枠だけど、ほんとうに大丈夫なんだろうか。

いや、でも、これとんだ伏兵。
そこまでのものをよくぞ作り込んだと思う。
今夜は千葉テレビとテレビ埼玉でのオンエアもある。はたしてどんな反響を呼び起こすやら。

そんなことで、先日ぽちっとしてしまったものが届いた。

発売日の前日に届けるなんて、SonyStyle もなかなか粋なことをしてくれる。
昨夜、大井川の佐川急便営業所を出発して、午前中には届いてしまうのだから物流の発達もたいしたものだ。

それはさておき、メタリックなバイオレット色した箱を開けて、さっそく本体とご対面。

061020a

渋くなったなぁ。

ついでだから、三世代いっしょに記念撮影。

061020b

大きさがほとんど変わらないところに、容量がぐっと増えて、取説見てると機能もぐーんと増えて、技術の進歩もたいしたものだ。
アルバムの並び順が思ったように制御できないというAシリーズでの不満点も、完全ではないもののアーティスト順とかアルバム名順に並べられるようになってるのもありがたい。

そしてなによりも、どうせ新しいバージョンの SonicStage CP をインストールするついでに、糞の役にも立たない ConnectPlayer を HDD 上から消しさせるのがとても嬉しい。

注目のノイズキャンセリング機能はまだ室内でしか試してないが、それでも PC のファンの音がきれいに無くなってるのはびっくり。これが雑踏とか電車の中でどれだけ効果を発揮してくれるか試してみるのが楽しみだ。

マイナス点は、そのノイズキャンセリング機能が付属のイヤフォンでないと動作しないこと。
それと PC との接続に専用の USBケーブルが必要になってしまったこと。
このあたりはちょっと残念。

しかしざっくりと曲を転送しても、まだ500MBは余ってるとは。うーむ。これだけでもかなりの時間、再生できるというのに。
帰り道、雑誌を買うのに会員カードにポイントをためられる本屋に行こうと思い立ち、原チャリの気軽さもあって寄り道を決断。

目指す本屋の近くで幹線道路から脇に行こうとしたら、ありゃ? ありゃりゃりゃ? 道路工事で派手に車線が変更になっていて、どこで左折できるのかがわかりゃしない。
一月くらい前にはそんな派手なことしていなかったのに、工事の進捗具合というのもバカにできたものではない。

しかたないので少々行きすぎたところから大回りして目的地まで出たのだけど、こりゃぁ今度改めてじっくりと様子を見ておかないといけなさそうだ。
なんせ夜間に流れに乗せて走っていると、細かな交差点の変更なんてのは、探すためにうろちょろとしていられないし。

なんて、どうせ工事が終わったらまた変わってしまうのだろうけど。
でもそれまでの間のためにも情報はしっかりと入手。
正直言うと、ここ半年以上、パスタ・デ・CoCo には行っていなかった。

それが、人づてに「メニューにミラカンができた」と聞いたからには、やはり行って試してみないわけにはいかない!
事前にウェブで確認してみたところ、メニュー全般に手が入っている様子。これは絶対に早いうちに確認しておかないとならないと思っていた。

そこでようやく行ってみた。オーダーはやはり、あんかけスパの基本、ミラカン。

061018a

出てきたのがこちら。
「あれ? 以前には周囲にもびったりとソースがあったのに」なんてことは考えてはいけない。量に違いはないはずなのだから。

まあ基本的には CoCo な味。
健康を少しは考えるのなら、野菜たっぷりtとか、ほうれん草たっぷりといったメニューにしたほうがいいのかも。
たとえ気休めだとしても。

061018b

そしていつの間にかこんなものまで出していたとは。
侮れないものだ。
ウェブジンで知ったことなのだけども、本体アプリのバージョンアップが始まっていた。

とりあえずアップデート用の実行ファイルだけ先に落としておいて、実際の作業は帰宅してからの予定に。
なんせ、「ACアダプタを使いなさい」推奨だったもので。

それにしても、二段階のアップデート実行は、自動的に行われるとはいえ、あんまりスマートには思えない。
途中で一段階分しか実行してないのにアップデートが完了したかと勘違いしそうな画面も見えるし。

ま、それも、ある程度のユーザーならそんなに気にせずに先に進んでしまうのだろうけども。

とりあえずこれで我が家の端末も最新バージョン。

しかし、ITmedia +D モバイル、すばらしいことに未来のできごとを完璧な記事にしているとは。

061017a
メカ娘は、先日 ver2 のリペイントが出たばっかりだと思っていたのに、もう ver3 の話が!

いや、そりゃもう、ぽちっとしましたよ、ぽちっと。ええ。

しかしなぁ。

ボーナスフィギュアだとか、レア2種だとか、もう悩ましすぎ。
一箱でコンプできるような良心的な内容だと良いのだけど。
うーん。どうなることやら。
ミニストップのおにぎりのコーナーで見つけた新製品。

061016a

クリームシチューとあるならば、これは見過ごすわけにはいかない。
さっそく買い物カゴに入れてレジへと進む。

だってクリームシチューだもの。ご飯とも良く合うクリームシチューだもの。それをおにぎりにしたとなると、いったいぜんたいどんなことになっているかもう胸が高鳴るばかり。

それでわくわくしながら開封。

おにぎりの片面に、粘度の高いクリームシチュー。ちゃんとクリームシチューの香りがするどろどろの物体がくっついている。
うん。まあ、ありかな、という感じ。
欲を言えばもっとしっかりとシチューの味わいを楽しみたいところではあるのだけど、おにぎりではこれが限度かも、

061016b

温めろと?
レンジで温めろと?

すると熱によってぬるぬるめろめろになったシチューがいったいどんなことになるのやら。
はたして無事に食べることができるのか?

いや、この挑戦はちょっと尻込みしたく……。
NHK プラネットーアースにちらりと映っていた、身体を丸めて走って逃げるタコが。

いや、実は、今月発売の LaLaDX に載っていた「夏目友人帳」が。
なんていうか、あやかしの小さな時期が、ちんまりとした姿がもう!
そして今月はそれだけではなくて、ニャンコ先生もいい味を出している。
鯛焼きを食べられなくていじける先生。のこった尻尾を分けてもらって幸せそうにぱくつく先生。ぴーぴーと寝息をたてて眠る先生。
もうラブリー。
これだけ見せつけられると、それだけで幸せな気分になれるというもの。
あれ? でも、前回で助けた妖怪はいったいどうしてしまったのやら。その後のことがぜんぜん描かれていない。

まあ、いいか。

あ。ペンギンさん! ペンギンさん! (;´Д`)

今日はやることたくさんあったのに……。

朝ご飯を食べてるときに少々変な気分になったのだけど……。

せんせー。胃が食べ物を受け付けてくれません。

起きたときから頭痛がしていたから薬を飲みたかったのに、これじゃあ薬も飲めやしない。

 (;´д⊂)

ちょっと回復しそうもなかったので、横になっていたのだけど……ほとんど一日寝てました。
寝てたのに、痛む腰の調子も戻らないし。

暗くなってから軽く空腹感が出てきたので、しつこくなくて消化の良さげなものをと考えて地元の蕎麦屋に行って温かい蕎麦をゆっくりと食べてきたけども、油断するとまた胃が暴れそうな気配。

ひとまず今夜もおとなしくしてますか。しおしお。
カプコンの宣伝広告担当の女性。

以前はマイクロソフトのゲーム関連の広告担当部門に勤務していて、その当時からテレビ神奈川の音楽情報番組 saku saku にゲームの紹介のためにゲスト出演している。

ゲーム機やゲームソフトの紹介をするのが目的のはずなのに、デモ操作ではことごとく下手くそなのが特徴。
ゲームショウの会場レポートで登場した際には、まったく関係のないハテナという原生動物の話に終始した。
いずれにせよ、天性の才能を超自然的に発揮できる、世に二人と無い癒しパワーと笑いを周囲に放射できる。


なお Wikipedia の saku saku の項目も参照のこと。


と、まあ、今日のオンエアは豊田さんがいちばん印象に残っていたのだけど、それで正解だったような気がする。
すげーぜ!
今日発表になったドコモの903iシリーズ。

SO903i は折り畳み形状になってしまっていた。
903シリーズ固有のサービスにも対応しているみたいだけど、一番の押しは音楽対応。
うーん。今回はどうやら急いで乗り換えるというか、機種変更するというか、買い増しする必要はなさそうだ。

だって、音楽再生なら、やはり今日発表になったウォークマンのSシリーズのほうが魅力的。容量も4GBに増えて、50時間再生とあいまって、こんだけあれば、ちょっとした用途にはもう十分すぎるくらい。
音質にこだわりたいのなら、リニアPCMにも対応してるし、本体側でノイズキャンセラ機能も実現してるから地下鉄の中でも平気だろうし。

で、つい、ぽちっと。
いや、20日頃には到着だというから、つい。ほんとに、つい。
王道云々は別のところに少しばかり書いたから別のネタをと考えていたのだけど。

椎名高志、画風を変えた?
ここのところどことなくそんな感覚がうずうずしていたのだけど、今週の少年サンデーを見ていて、確信にほとんど近いものになった。今週の扉といい、大ゴマを取っているキャラの表情といい、なんだか今までとは違うものを含んでいるように思えてしかたがない。
なんだろう、なんだろう、この感じ。どことなく、スプラッシュ・スターな空気も感じてみたり。勘違いだろうか。

そして王道ともいえる現在の展開。
どう見たところで、逃げ出したものって、アレとしかいえないはず。
もうベテランの域に達しているキャリアを有する作者が、この後にどう調理してくるかをひたすら楽しみにして待とう。
初スタメン(そしてほぼ確実にフル出場)でやっちまいやがった。

 (;´Д`) 

 
少し前にお迎えしていたのではあるけれど。

061010a

どういう代物かは、それなりのところへ行けば、丸わかりなので、ここではわざわざ手を入れることなく、自然な状態のままで。

ちなみに森の番人のほうは、顔の造形が凄まじく好みではないのでパス。
今、それをやっている場合だろうかとはわかっていても、ついつい……。

文庫本を一冊手にとって開いて読み始めてしまう。
いや、ヴォネガットを読むことじたいは無意味ではない。
だけども、今、それをやるべきことなのだろうか。

しかし既に半分近くまで読み進めてしまい。
これはもう、終わりまで読み進めてしまえということじゃあないか。などと自分で自分を納得させてみる。

残り90ページほど。
この分だと今夜中には。たぶん。

ということで、では!
せっかく出てきたのだから、少し足をのばして、ぶらぶらと散策。

061008d

実は以前は何度となく少し近くを通ったことがあるというのに、ここはまったく立ち寄ったことがなかった。

なんとなくこういった雰囲気だと、周りをぶらりと歩いてみたくなってしまう妙な心情。
どうやら実現可能みたいなので、ぶらりと歩いて回ってみることに。

湖面は強い風に煽られて多少波立っているけども、浅いところには40cmはある鯉ががくさん集まってきている。
なんせやってきた人が好きずきに餌を与えるものだから、まったく警戒する様子を見せもしない。

061008e

ちなみにここの所轄は田園調布警察署。本池上署の元ネタになった池上警察署(実在) ではないのがポイント。

061008f

なんとなく気分もリフレッシュできたので、暗くならないうちに帰りますか。
以前に見かけていて、気になっていたもの。

それは、こういったお店で売っている、

061008a

こーんなもの。

061008b

調べてみたところ、以前にはとあるチェーン店で似たようなものを出していたことがあったのだけど、どうやらそれは期間限定品だった様子。
どうしても一度は味わってみたく、天気がいいこともあって、今日は雪辱を晴らしに電車でGO!

お好み焼きは全体をとりまとめるのは小麦粉。鯛焼きも全体を包むのは小麦粉。
しかし、こういった組み合わせというのははたしてどんなものなのか! どきどきしながら店内へ。
なんだかバイクで乗り付けた直前のカップルも、後から来た青年も、みんなお好み鯛焼きを買っていってる。どうやら名物メニューなのかもしれない。

そして買い求めたのはこういった感じ。

061008c

身からいろんなものがはみ出している。
作っているところを見ていると、具材は長方形に切ったハムにキャベツに紅ショウガに揚げ玉。
雰囲気はまんまお好み焼き。
かぷっと行くと、ほのかに甘みのある鯛焼きの側の味わいの中から出てくる、出てくる、お好みソースとマヨネーズの味わいと一体になったキャベツの食感。時々混じってくる紅ショウガの刺激が気分をいっそう盛り上げてくれる。

でもこれ、「お好み焼きにマヨネーズは邪道だ」という人にはちょっとすすめられない。だって中身にしっかりと入ってしまっているから。

くそぉ。近所に作って売っているところはないものやら。
先週末からよく見かけたことばが、「コヨーテみたいにはならないでほしい」というもの。

うんうん。第一話は良かったからねぇ。コヨーテは。12姉妹が登場するところだけは。
その後はオヤジ萌えできなければみんなついていかないだろうし。

そんな具合に、コヨーテみたいなことは勘弁という声が多かったのが、パンプキン・シザースオンエア後の様子。
確かに悪くない出来上がりだから。今クールの新番組の中で視聴継続が決まっている一本。事前知識まったく無しに見ていて、ちゃんとついて行けたところは評価が高い。それとエンディングのかっ飛び方が、これまたいい具合で。

現時点では2話を引き続き様子見しようと思っているのが、RED GARDEN
こちらは物語がほんとうにまだ転がり始めたばかりだし、キャラデザとかのクセがかなり強かったりするので万人向けではないけれど、化けそうな気がするので次にも注目。

昨夜開始の分は……どうも単なる萌えターゲットみたいなので、適宜切ることになりそうな感じ。これから録画を少しずつ観るのだけど、過度な期待はしないでおこう。
スーパーで目についたのでいっしょに購入。

061007a

やっぱり今ならこれ!

久しぶりにチョコクリームなるものを食した気分。
いや、ほんとに久しぶり。

で、夕飯はこれといっしょに買ったジャムパンとアップルパイで終了。
なんだか鍋が食べたくなったので、昼食はスーパーで売っている鍋用の詰め合わせにすることに。

選んだのは、海鮮ちゃんこ鍋醤油味。
一人分の材料がディスポーザブルの鍋に入ったお手軽セット。

帰ればすぐに調理開始。
指定された量よりもさらにたっぷりの水を入れて火にかけて。
さらにちょっと贅沢で別に買ってきたゴボ天も入れて、ぐつぐつぐつ。
ゆっくりと火が通るのを待つことに。
最後に、水を増やした分、香り付けに醤油をたらして出来上がり。
熱々のところをいただきましょう。

うーん。(゚д゚)ウマー 
魚も海老も浅蜊も野菜も美味しくご馳走様。

そのうちに木枯らしの季節が近づいたら、数百円でなくてもっと奮発した鍋でも味わいにいくとしますかね。
池袋WAVE、もうダメぽ。

以前はね、WAVEらしいとんがったところが随所に見られて、単なる売れ線だけでない品揃えが豊富でとっても助かっていたというのに。

その昔、池袋WAVEが西武百貨店の最上階ではなくて、今はBEAMSが入っている建物の土地にあった頃は絶頂期といっても良かっただろう。
地下海外ものの一角にあったNEW WAVEのコーナーには貴重な音源がずらりとならんでいたし、輸入盤も良いところがさりげに入っていたりして、足繁くチェックに通っていないと損をしてしまうような感覚が常にそこにはあった。
中2階のエスニックなコーナーに並んでいたこれまた貴重な音源の数々。コーランの録音なんていうとんでもないCDもこんな所で見つけたりした。
2階のクラシックのフロアではなにげに充実していた現代音楽のコーナー。
毎週、週末のみならず暇があれば覗くようにしていたところだ。
国内もののフロアには、ムーンライダーズびいきの店員がいたらしく、さりげなくプッシュされてるのを見て微笑んだり、1階店頭で、小川美潮がゴンチチをバックにミニ・ライブをやったりとか、音楽のある街並みが間違いなくそこにはあった。

それが今では単なる売れ線がただ並んでいるだけ。
とんがった気勢なんてのはどこにも見受けられない。

ちょっとしたものを探しに行っても置いてないから、けっきょくはHMVで買ってしまったりとか、現代音楽も新宿のタワレコが充実しているからWAVEの存在意義はもはや無いに等しい。
六本木の店も無くなってしまってるし、もう文化を率いていた勢いは完全に消え失せた。すべては過去のもの。
餃子のタレって、もっと酢を効かせてほしいと思う。

だって、店で自分で調合するときには、醤油の色がかなり薄くなるくらいまで酢を使うし。

って、家に調味料をちゃんと常備しておけばすむだけの話ではあるけれど。
月曜日には仕事場に届いていたのだけど、なんだか、もう、ねぇ。

061005a

何年待ったことやら。

ほんとうに、冗談ではなくて、年単位。なんだかなぁ。
帰りの電車の中で、ツクモで買ったゲートウェイのノートPCを運んで帰る女の子を見かけた。

うーん。
まだやってたんだ。ホルスタイン柄のブランドを。

自分にとってゲートウェイといえばやっぱり初期のフルタワーケース。
その後の日本法人は、あっという間に店を畳んで逃げたので、ちょっとなぁな印象が強いけど、初期の頃のブランド力はすごかった。
今となっては、素人が続々とPCやネットに手を出すご時世だから、サポートがしっかりできないとキツいところはあるのだろう。

しかし自分としては今はPCは買い控えの時期。
なんてったって、来年にはVISTAが登場するのがわかっているし、今はまだ現役のマシンで不満点はそんなにないし。
新しいOSに、自分が使ってるいろいろなアプリが対応し始めた頃に初めてどうしようか考えればいいか、なんて暢気に構えているのが現状。
傘持って出かけた日はいつも晴れ。

いや、それはもう見事に。

今朝、ピンポイント予報で21時以降に傘マークがついてたのを信じたばっかりに……。

 

 
 _| ̄|○

 
W-ZERO3[es]のデータもバックアップしないといけないよな、なんてそろそろ思ったりもする。

それで買ってきたのが、miniSDカード。
別にPCとのデータのやり取りをカードでやろうとは思っていないから、リーダーは無しでカード単体のみを購入。
どうせいつか、PCを買い換えたらマルチタイプのカードリーダーが3.5
インチベイに入ってたりするのだろうから。
まだたいしてデータを入れてないからバックアップ自体はさくっと終了。
後は、定期的に忘れずにバックアップをとり続けるようにしないと。
忘れたりとか、長く間があいてしまった時ってのは、いろんなことがおきやすいから。
そう、いろんなことが……。
今日は雨具を持たずに出かけた。

原チャリで移動するというのに。

それで見事に夕方から雨降り。
ただ今日の雨は降水レーダーの情報がほとんど役に立たない雨。
画面からは雨雲はなくなってるはずなのに、窓の外ではいつまでたっても細かな水滴が落ちている。
ある程度待って、これならいいのかなと思って強行突破を試みたら、けっこうまともに降ってるし。
それでもそのまま走行続行。
小降りになったのは自宅にかなり近づいてから。
そりゃまあ、見事に服はぐっしょり。

年に何回かはこんなこともあるのだけど、寒い時期でなくて良かった。

いや、単に置き傘使って帰ってくれば良いことではあったのだけど。
// HOME // NEXT
  1. ばら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。