カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索

Amazonおすすめ とか

自動リンクでいったいどんな商品がピックアップされるのか実験も兼ねて置いてみました。 はたしてこのブログはamazon的には……。



載せてみたりする。

リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何人目?

060331b

雰囲気はどちらかというと、地下で培養槽に浮かんでた皆さんに近いような感じ。

ここで悔やまれるのは、CODE:BE も注文しておくべきだったかも。仕上がりを見ると、そっちの方がカッコいいような気がしてきてしまい……。

  _| ̄|○



スポンサーサイト
この季節、余裕があれば寄り道して走りながらの桜見物。

060331a

中野通りの桜並木は、植えてある間隔と枝の張り具合がうまくマッチして、花のトンネルの中を走っているような感覚が味わえる、ちょっとしたスポット。
人通りが少なくなった深夜や早朝にぶらりとしてみるのもまた乙な雰囲気だったりする。近くの公園では夜通しどんちゃん騒ぎしてる人たちがいたりもするが。
さて、今年はどこでじっくりと花見をすることにしたものやら。

出ていたのですね!

1/1スケールのケロロ軍曹

新宿さくらやのホビー館に行ったら現物が置いてあったのだけど、これがまた凄い。

060330b

デッカーイ! モウオウサマ ナニモ イウコト ゴザイマセーン

画像では分かりづらいかもしれないが、背後の人物の身長を比較対象にしてみてもらえばよいのではないかと思われ。それか、すぐ脇のパッケージの山と比較するか。
さすがにこのサイズだと、持ち帰るのだとしてもかなりの覚悟がいりそうだ。

って、我が家にはすでにフルスケールなトロのぬいぐるみがいたりするので、あまり大きなことは言えず……。
なか卯の味噌汁が新しくなっていた。

060330a

ギバサ。これまで知らなかった。
どうやら海草らしい。しかもヌルヌル。それまでのナメコ汁に続いてヌルヌル。
別に嫌いではないから良いのだけども。気分的にも、なんだかナメコよりも効能が高そうな感じがするし。

それで食べながら、カウンターに置いてあるPOPの画像よりもギバサの量が少ないな、なんて思っていたら、ツユを飲んでいくと……けっこう底のほうに沈んでいた。

教訓。良くかき混ぜるのは基本かも。

ココログスタッフから状況説明の第2報が出た。

しかし、全てのコメントがSPAM扱い(それも最後の手段としての)されて画像認証を余儀なくされる(らしい)という項目は不具合としては認識していない様子だ。
これは明らかな誤作動としての不具合としか思えないのだが、はたしてニフティの人々はそこまでも意識が違う方向を向いてしまっているのだろうか。

あー。もうなんだか生暖かくというよりも笑いながら様子を見ちゃってますよ。
他人事みたくね。
もしかすると、記事の本文などがすべて左サイドバーに該当する位置に表示されているかもしれません。

それはご覧いただいているブラウザの不具合ではなく、3月28日のニフティのメンテナンスおよびバージョンアップに伴うココログの仕様の様ですから、あわてないでおいてください。
この非常に不可解な仕様に関してはスタッフも関知していないようですので、いつ改善されるかは当方では雲を掴むような思いでして、いつ正常になるかをお伝えできず、申し訳ありません。

( ニフティの電話サポートに同様の現象を伝えられた方がいらっしゃるようなので、そのうち担当セクションにも連絡がいくのでしょうけれど。)

事態を真剣に捉えてもらうために、社長のブログスタッフの記事にトラックバックしておきます。


今日もまた、地元のスーパーに寄って帰る。

そこで出会ったのは豆腐。
そう、あの男前な豆腐のこれまで知らなかった顔だ。

060329aこんどの容器は、なにやらフックみたいな形が上に付いている。まさか、これでひっかけて陳列? いやいや、冷蔵必須の品物でそういう扱いは大変なはずだ。

そんなことを考えながら買って帰ってきて、蓋を開けるとそれはそれはとんでもない事態に。
なんと、とんでもなくクリーミーな状態に!

って、よく見ると、「豆乳入りよせ豆腐」なんて書いてある。
なるほど。上にたぷたぷしてたのは豆乳なんですか。ふむ。

たしかに醤油をかける必要もないくらいに濃厚なのは他のシリーズと変わりない。
ああ、でも、贅沢を言えば、豆乳は豆乳として楽しみたかったぁ。

そんな雄叫びがついつい出そうになってしまった、一人のわびしい食卓。

前言撤回。

お知らせココログの状況を見るに、17時の段階でいったんユーザーに開放してβテストやらせていまだにメンテナンスが続いている状態と思いたくなるくらいひどい。
事前にちゃんと検証するとか言っておいてこの不具合。
なんだかなぁ。
アクセス解析には手をつけないで先送りにしておいてこの不具合。
ココログの技術力は信用しちゃいけないということか。
アクセス集中するんだろうな、などとは思いつつも、ついついメンテナンスがきちんと終わってるかどうか見に来てしまう自分。

おや。
管理画面のあちこちにいろいろと変化が!
どうやらバージョンアップはできた様子。さて、すると次はアクセス解析の導入ですか。

そうして引き続き生暖かく見まもることに。
もう寒ブリの季節は終わってしまったけれど。

地元のスーパーに寄ったら、惣菜コーナーの隅の方に、焼き魚がいくつか並んでいた。
そんな中に、切り身の塩焼きに混じって一つだけ置いてあったのが、ブリの頭の塩焼き。
まるまる一匹分ではなく、縦半分にばっさりと割られていたけれど、それでも喜び勇んでカゴに入れてレジへと向かう。

食べるには箸を最大限に活用しないといけないのだけども、それなりに良く動かす筋肉はあるし、脂分もあるし、ゼラチンっぽいのもあるし、食べるには文字通り「美味しい」。
ただ、皮がけっこう丈夫というか、頑丈なので、箸だけではどうしようもなく、最終的には手でがっしりと掴んで格闘することになってしまった。
そんなことで、手が脂でべったべたになったので、画像は何一つ無い次第。

しかし。洗ったのに乾いたら指先がなんとなく生臭いのは勘弁して欲しい……。
先日の通院の際にはまだつぼみだけだった桜も、だいぶ花開いてきた。

060327a

多めに花開いている株でもせいぜい5分咲きくらい。満開はもう少し先なのだろう。

枝の下側は川なのだが、水は中央の側溝程度のミゾをちょろちょろと流れる程度。
しかし集中豪雨の時には護岸から溢れんばかりの水量になる。いや、実際には溢れる。もう少しだけ下流では水をかぶったりする。

060327b

対岸を歩いていたら、木立の中からウグイスの鳴き声が聞こえてきた。
そういえば空気も気づくと木陰でも冷たさを感じないものに変わってきている。
やっと春を実感できる季節がやってきた。
なか卯の季節限定メニュー、トマトうどん。

名前だけ聞いたときには、トマトタンメンみたいなものを想像していたのだけども、実際にはぶっかけうどんのバリエーションの様子。

060326a

上に乗っかっているのは、鶏のそぼろ、乱切りのトマト、茹でたほうれん草、そして白髪ネギ。
ともかくもよく混ぜてから食した方がよい。トマトの風味を鮮烈に感じたい場合にはそうとも限らないが。

食べてみての感想は、言ってみれば「和風ミートソース」。
一緒に出されたコショウを軽くかけてみたけれど、その程度では味には大きな動きは出なかった。
トマトが嫌いでない人なら、一度は試してみればよい。そんなにグロいメニューではない。

うーん。でも個人的にはもっとトマトソースっぽくても良いかな、なんて感じたりもする。
そう、酸っぱさと甘さをもっと前面に出して……って、これは贅沢な希望かも。

今日はいろいろと端末を持ってドコモショップへ。

SO902i の追加に伴って、回線と端末の整理をしてきた。こればっかりは、ドコモショップなりドコモスポットでやってもらわないことにはどうしようもない。
料金的には月末ギリギリまで粘った方が良かったのだけど、来週後半からまたバタバタしそうなので、やれるときに処理してしまおうと出かけてきた。

そして結果として、SO505is はお役御免に。

060325a

これは SO505i の発売からけっこう短い期間で発売になったので、初日にあちこち回って入手した端末。
ステレオのスピーカーが付いてたりとか、端末で動画が見られたりとか、いろいろと面白いものではあったのだけど、premini-II に慣れてしまうと、やっぱり大きいし重いことは否めない。
音楽を聴くのは最近はウォークマンスティックにまかせてしまっているし、動画も外で見たければ PSP を持ち出すだけなので、これぞというところも感じなくなってきたので、今回で引退していただくことになった。
バッテリーは一度も交換せず。バックパネルだけは傷が酷くて買い換えたけれども、これまでよくがんばってくれた。ほんとうにお疲れさま。
どちらも同じく500ミリリットル、そして同じく濃縮還元100パーセント。

060324aつまり、基本的には変わりないはずなのに、紙パックの方はガブ飲みできても、ペットボトルだとそうはいかなかったりすることがある。

あ。紙パックの場合、ストローとかコップといったものは一切使わず、開けた口から直接ガブ飲み。はしたないとか言われようとも関係ない。

基本的にPOMジュースは好きなブランドだから、中身での違いはそんなに影響ないはず。すると残る違いは容器の形状くらいなもの。

うーん。そんなことが本当に関係しているのだろうか。
もしかして、飲み込むときに口の中に入ってくる空気の量が違うとか?
いまだに謎はそのまま残っている。

天気が心配だったけれど、なんとか朝のうちに雨は上がってくれたので、原チャリで動くことができた。

しかし、早春賦の歌詞にもあるように、春は名のみの風の寒さや、天気予報での予想最高気温はそこそこの数字になっているというのに、空気はとてもひんやりとしていた。
病院への道の途中にある桜の木は、先日東京では開花したと気象庁が言っているにもかかわらず、どこもかしこもまだつぼみの状態。
まだまだ、なにかの拍子に空気が冷たいことにはっとすることが多い。

なんてことを感じていたのだけども、神田川の土手沿いの桜の木では、いくつかの枝で花が開いていた。
道行く人が手をのばしてカメラやケータイを構えている姿もちらほら。これで明日の気温次第では、この週末には気の早い人たちがあちこちに花見に繰り出すことになるのかもしれない。

さて、今年はどこへ花を愛でに行こうか。
スケジュール表を眺めながら、ふとそんな息抜きの一時。
昨夜はだいぶとばしながらも取説を見ていたら、けっこう遅くまでかかってしまった。

いろいろいじってみて感じたことをまずいくつか。

キーはたしかに工夫はされているが、自分としては premini-II の方が押しやすい。
オンフックやオフフック、CLEARキーの位置が premini-II とは異なっているので、ついつい間違ってしまいがち。
メニューの表示や、メールの表示などが、若干レスポンスが遅く感じられる。FOMAだとこんなものだという声もあるが、SO505is から premini-II にしたときに、レスポンスがかなり軽快になったと思っただけに、ちょっと驚いた。

さて、今日はせっかくだからカメラの画像を。
いつもはここに載せる画像はそれなりにレタッチしているのだけども、今日は未加工のJPEGそのままで掲載。

060322a
SO902i 1280 x 960 ファイン 331kB F4 1/759 ISO125 オートホワイトバランス

060322b
DSC-T9 1280 x 960 ファイン 571kB F5.6 1/250 ISO80 オートホワイトバランス


まず、カメラの起動はこれまでのソニエリ端末とさして変わらないが、撮影後のファイルの保存に時間がかかっている。
上のサイズをメモステ Duo に保存するのに数秒かかった。ちょっとしたメモ代わりと納得して使うにしても、もう少し短縮した方がストレスを感じずにすむ。

画像じたいは、どうも全体的にペラペラな印象を受ける。
自分の場合はJPEGで保存する場合はたいてい最高画質に設定しているのだが、他の人のブログとかに掲載してある画像を見ると、標準だとノイズが目立ったりしている。
ファインで撮影した今回も、アスファルトのゴミのハイライトの部分が見事にぶっとんでしまっている。
それからオートフォーカスも若干レスポンスがもたつくかんじもする。
CMOSセンサーだということも含めて、本当にメモがわりとか、メール添付とかくらいに割り切って使った方が良さそうな感じだ。

今日が発売日の、ソニーエリクソン初のFOMA端末、SO902i。

そんなに数が動かないかもしれないとの噂もあったので、念のために少し早めに行って並ぶことにした。
開店1時間前の新宿西口ヨドバシカメラには、10数人程度の行列。premini-II の時は平日だったこともあって、開店と同時に行っても大丈夫だったのだけど、様子はまるっきし SO505i の時のよう。開店前には数十人程度の列になっていたようだ。
店員が事前に聞いて回っていたところでは、ダークブルーxブラウンが人気の様子。どうやら狙ってるレッドxレッドは余裕で買えそうな感じだ。

060321a

今回は、発表時から色は赤に決めていた。
実は、当面の間は premini-II (ブラック) も併用するつもりなので、それと印象がかぶるのは避けたくもあったし、SO505is のマンダリンオレンジを廃止するから、パッと見の区別は問題ないはずだ。

060321b

いや、やっぱり赤。ここは赤。
SO902i は、LEDが白色ということもあって、コントラストを考えると、もうこれしかないといったところ。
照明を落とした時の感じはものすごくいい。

060321c

どうせなら、premini-II の青色といっしょに。

いまだに電波が薄いといわれるFOMAだけど、自宅はどうやら大丈夫。
ま、基地局がすぐちかくにあることだし。

さあ、取説読んで、いろいろといじり倒そう。
電話帳とメールの転送は赤外線で終了。いろんな着メロとか着うたとかは、4月になるまでおあずけだ。

ココログのバージョンアップ内容に関するアナウンスが、「3月中旬」の最終日にあたる今日、アナウンスされた。

(内容に関しては、ココログスタッフからのお知らせルームの記事を参照)

バージョンアップと聞いたときから、内容としてはベーシックが蔑ろにされるか、フリーのレベルを基準にするために、プラスとプロの差別化があまりなくなるかのどちらかになるだろうと予測していたのだが、見事に後者のパターンになったようだ。

特に、プラン別比較表を見るとその傾向は顕著で、ベーシックとプラス・プロの間を差別化していたサービスのいくつかがベーシックにも供給されているだけでなく、新しいサービスもベーシックと等しく供給されているものが多い。プラスやプロのユーザーは4月以降も有料に値するサービスなのかを判断すべき時ではないかと思う。

さあ、ユーザーからしてみれば、次のチェックポイントは来週、28日の実際のバージョンアップ作業だ。
これがつつがなく、経過も順調なら、それなりの評価は出てくるだろうが、果たしてどうなることか。
まさか先日と同じ騒ぎをふたたび繰りかえすことだけはないものと思いたい。
それがWBC。

もともときな臭いというか、うさん臭いものとしか思えなかった。
どうせ、アメリカによるアメリカのためのゲームとしか思えない。

そんなものに、トップニュースを延々と何分も費やすこの姿勢はなんなのだ?
今、そんなことで浮かれていて良いのか?

それとも、何か突かれたくなくて、大衆の目をそらす必要でもあるのか?

なんとも馬鹿馬鹿しい。
近場のふらんす亭が期間限定・数量限定でサーロインステーキの半額キャンペーンをやっていた。

半額! なんていうこの魅惑的な響き! こんなにも魅惑的なら、行かないでいるわけなどあるはずがない。

ということで、M(230g)に、スープ・ライス・ソフトドリンクのセットをつけても1180円。
ありがたく頂戴してきた次第。

実はフランス亭は店舗によっては厨房からの煙が店内に充満して、服や髪の毛に臭いがつくので敬遠してる部分が少なからずあった。
だけど今日の店はそんな心配はしなくて良さそうなので、ありがたい。問題は、客の年齢層が若干若いところくらいか。
まあ、自分としては牛肉を塊で食べたいということはそんなに多くはないので、そうちょくちょくは行かないだろうけども、今後は食事候補の一つに加えておいて良さそうだ。
エア・ギア13巻は12巻に引き続いて限定版でピンキー付きが登場。

ネットでオーダーしておいたのだけど、いろいろあって本日お迎え。

060318a

限定ものとはいえ、とうとう登場、男子ピンキー。

060318b

原作のキャラクターを再現してはいる。

060318c

ま、こんなこともしてみたり。

060318dだけど、この頭部パーツ、完全にこれ専用になっちゃってる。

パーツ組み替えで楽しもうとするにはちょっとなぁ。他に流用できないし。流用するにしても、眼帯もいっしょにってのは、キャラが固定されそうでキツいものがある。
だから、ネットでもいわれているけど、2種類の頭部パーツあった方が嬉しかったかも。

060318e

で、どうせなら、と。

「うん。たまにはこういうボディもいいかもね」

あ、姐さん……。
今週のこの作画は……。

 _| ̄|○



プーモが可愛いから許……せるわけでもなく。 (;´д⊂)



天気予報でもさんざんと春の嵐だとは言っていたけど。

雨が降る時間帯に移動することはないだろうと原チャリで出かけたのだけど、雨が上がって帰ってくるとき、ゆるいコーナーに差し掛かったところで強烈な横風を喰らって、思わず流されそうになって一瞬どっきり。

そういや、安いビニール傘が使えなくなって転がってるのもいくつかあったし、歩道に停めてある自転車が倒れてたりとか、けっこうあちらこちらに被害の跡が見て取れる。
帰り着いた今も、窓のガラスがかたかたと音を立てているので、風はやんではいないのだろう。
ひとまずは無事に帰り着けたことに感謝。

これで眠って起きたら、風がやんでいたら、今日は温かくなるらしいし、お出かけ日和になりそうなんだけど。
とにかく一眠り。
SO902i、キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!!

今度こそ!
絶対に!

だけど、ケータイWatchの記事、「ようやく」って……。
まあ、たしかにそういう心境ではあるけどね。
噂では流れてきているのだけども、21日にいよいよという情報が!

本日正式発表ではないかとの噂も!
わくわくてかてか(AAry



ワイルドでいこう! (何)

060316a

しかしこのパッケージ、一度空けてしまうと戻せなくなるので、いろいろと問題が……。

060316b

噂には聞いていたけど、浮いてますよ。浮いてる!
パッケージ越しにもはっきりとわかるほど。

  (;´Д`)




街なかを走っていて信号待ちをしているとき、交差する通りに面する建物がなにか記憶の中で引っかかった。

窓際の手すりに特徴のあるビルの2階に行ったような気がしてしかたがない。しかし、なにをしに、どこ(たぶん店舗)に行ったのかがまったく思い出せない。
ほぼ確実に、そのビルの2階に上がる際の階段から外側を見た記憶が残っている。間口が狭く、奥に少々長い部屋に行った記憶も残っている。でもそれだけだ。

この、なんともいえない気持ち悪さ。思い出したくても、それ以上まったく何も出てこないもどかしさ。

たぶん、こんな具合に思い出すことすらなく消えていってる記憶はまだまだたくさんあるのだろう。やはり自分は、これまでに過ごしてきたすべての時間を憶えてなどいられない仕様なのだろう。

って、これを書いてる最中に一つだけ思いだした。
たぶん、あそこはサンリオショップ。
しかし、何を買い求めに行ったのかはぜんぜん分からない。

サンリオのキャラクターに入れ込んでいたことなんてあったのやら……。
ソフト麺だけでなく、ミルメークもだなんて……。

黒幕の、いや、当時の三鷹市の学校給食はいったいどんなだったというのだろう?
とっても気になる。
萌えよ!アキバ人ブログにあるように、なんと2000円という破格のお値段がついてしまったお嬢さん。

それならば、お迎えしないわけにはいかない!

060314a

いやー、それにしてもさすがに1/6スケール。
身体の動きも、プロポーションも目を見張るものがあるのだけども、さすがに置き場が……。

(sub)お引越しを予定されているお客様へ



 日頃より、@niftyをご利用いただき誠にありがとうございます。



 ADSL接続サービスをご利用のお客様にお引越しの際のお手続きについてご案内します。今なら『ADSL移転キャンペーン』実施中です。



 本メールでは、以下のご案内しております。

 
えーと、味をしめました。

だって、やっぱり半額なのだし。

060312a

厚岸名物というかきめし。

060312b

牡蠣の煮汁で炊き込んだご飯に、牡蠣の煮物、あさりの煮物、ツブ貝の煮物、フキと椎茸の煮物が載っている。
どれもよく煮含めてあって、ご飯と合っていい感じ。

今年もそろそろ牡蠣の季節もお終いなのだけど、こういうので締めるというのも乙なのかも。

周囲で花粉症の症状を示す人が多くなってきた。

作業の間中ずっと鼻をかんでいる人もいれば、「昼間よりも室内に入った後の夜の方が酷いんです」という人もいるし、「今年デビューしちゃいました」という人もいる。
自分の場合は、今年もまだ大丈夫。今のところは。
喘息を患っている以上、アレルギーとは無縁なわけではないけれど、今がシーズンの杉の花粉とは関係がないようだ。

そうは言っても、目はけっこう異物を感知しているらしく、ホコリっぽい感じがすることが多い。時々は目薬で洗い流しているけれど、そのうちに洗浄することも考えておいた方がよいのかもしれない。

いずれにせよ、そうでなくても呼吸機能には問題を抱えている身の上、発症しないですむなら、そうであって欲しいものではある。
地元のスーパーに買い出しに出たら目に付いたので手にとった品。

060311a

いや、実は真っ先に目に飛び込んできたのは「半額」のシールなのだけど。
それはさておき、ワゴンにいくつかの種類残った駅弁のどれもが半額。
それなら買わないわけにはいかないだろう。

060311b実は店頭で手にしたときから高さのある容器だな、なんて思ってはいた。

だって通常の感覚での駅弁の容器に比べたら、倍以上は厚い容器だからだ。

いったい何故なんだろうと、帰ってきてから蓋を開けたらすぐに納得。


なるほど。おにぎりだったとは。

っていうか、パッケージにちゃんとイラストがあるでないの。気づきなさいよ、自分。

060311c

鶏めしはしっかりと味のしみこんだご飯と、ゴボウ、そして固めに煮込んだ鶏肉が香ばしい。
ひじきご飯のおにぎりも、ゴマとほのかなしその香り、そしてしっかりと存在感のあるひじきが良い組み合わせ。
付け合わせには筍の煮物と煮豆など。でも、鶏の唐揚げはちょっと味付けが濃いかなと思ったのと、ふぐ(フライ)は存在感がちょっと疑問。

まあ、半額で楽しんだのだから、あまり贅沢を言ってもいけないが。

ニフティの失態については、今さら何を言ったところで虚しいような気がしてきた。

朧気に把握できる経過と、状態に関しては、

20060310障害情報報告ブログ

に見て取れる。発表が遅いという気がものすごくするが、それでもこういった場を設けたことだけは最低限の評価ができるだろう。見事に炎上していたようだが。

もう、今はあれこれと言う気力もなくなっている。
すでに自分の中ではニフティへの信頼は落ちるところまで落ちきっているから。
後は、今回の事態をいかにシューティングするかをまず注目しておこう。
そして、28日と予告したバージョンアップの成否。

どうも、もう一度祭りになりそうな予感してならないのだが。
空き時間にウトウトとしかけたときに広がったヴィジョン。

夢ではない。夢とは違い、沈静していく方向ではなくて、逆に神経が高ぶっている感覚がある。そのために眠りにつくというよりも、幻覚に近しいところだったのかもしれない。

メインになるのは、塊魂の塊を転がしているようなもの。
とはいえ、あれほど引いた画面で見ているのではなく、もっと塊に寄ったところに視点がある感じ。そして巻き込むものはといえば、カラフルなポリゴンの面影を残しているものではなく、もっとアースカラーで、R-Type のグラフィックを軽くねじって、いくつか繋げたような雰囲気でうねっている。

いかにも無意識といった仕上がり。別に分析してみるでもなく、自分の中に潜んでいるものがあるくらいは分かっているので、びくつく必要もない。
このところ妙に整理された形の夢ばかりになってきたのに、実は無意識ではまだ形になりかけのものが渦巻いているのがわかっただけでも興味深いというもの。
SO902i を手にできたかもしれなかったというのに。

なんでこんなことになっちゃったんだろう……。




 (´・ω・`)
 ( ´・ω・)
 ( ´・ω)
 (   ´・)
 (   ´)
 (   )
 (`   )
 (・`  )
 (ω・` )
 (・ω・` )
 (´・ω・`)
 ( ´・ω・)
 ( ´・ω)
 (   ´・)
 (   ´)
 (   )
 (・`  )
 (ω・` )
 (・ω・` )
 (´・ω・`)
 ( ´・ω・)
 ( ´・ω)
 (   ´・)
 (   ´)
 (   )
 (・`  )
 (ω・` )
 (・ω・` )
 (´・ω・`)



 テラ カナシス




   <⌒/ヽ-、___
 /<_/____/


前回のペヤングに続き、コンビニ店頭で見かけて、ついカゴに入れてしまった品。

060309a

これまた、麺の量は通常の2倍。

060309bしかし、ペヤングと比べたら、乾燥時の麺の量はさらに多い!

これができあがりで比べるとどう違うかというのは計測していないので不明。
だいたい、お湯で戻す時間次第でできあがりの量が変わるという問題もあることだし。


060309cそして、熱量もそれなりに……。

いや! 細かいことにこだわっていては、B級グルメの道は極められないというもの。
気にしてはいけない。


パッケージの中身はこんなもの。

060309d

ソースは液体と粉末の2種類。ふりかけも入っている。
麺はしっかりと2段重ね。どうやら下のほうにかやくは入っている様子。

たっぷりとお湯を注いで待つこと3分。

060309e

湯切り口は案外と使いやすい。麺の下にお湯が残ることがないのはうれしい。

手順に沿って、液体スープを入れて軽くかき混ぜ、粉末スープを入れて良くかき混ぜ、最後にふりかけをかけてできあがり。

060309f

かやくにはキャベツしかないのは好みが分かれるところかも。
全体の味わいは、ペヤングと違って柔らかめな感じがする。ペヤングの味は、あの味としていいものだけども、粉末スープを絡めるのがちょっと面倒なこれも、仕上がりはいい感じだ。

たまには味わいたくなる、カップな焼きそば。
こういったシンプルなソースだけ、の方が自分は好みだ。
木村カエラのアルバムの発売日。

だけど買わない。

たとえ限定盤にはDVDが付いてこようとも買わない。

木村カエラはいい加減に奥田民生からは離れた方がよい。
以前にも触れたことがある、少女コミックのまんが教室、最近ではコミックにおける背景についてを触れているが、最新号のコラムでまた興味深いものが載っていた。

パースは正確さより雰囲気重視!!



(前略)まんがでのパースに言えるのは、「正確さより雰囲気を重視せよ」ということ。

 しかしパースが狂ってると、読者はそこが気になって、逆に不自然に目立ってしまうこともある。

 極論すれば、読者は背景など見ていない。状況が伝わり、作品の雰囲気を損なわないことが第一なのだ!! だからこそ、見た目で正確なパースを描いて、あたかもそこにあるかのように自然な絵に仕上げなければならないんだね!!



(飯塚裕之 「バカでも描けるまんが教室 第24回 パースって!?」 小学館 少女コミック 2006年7号)


教室本編では、パースの正確さをひととおり説いた上で、超広角レンズを用いたような効果や、遠近感を強調した構図も考えられると示し、同時に次のようにも説いている。

 どんなに正しいパースでも、人間の目の錯覚で正しく見えない時もある…

 その場合は目で見て正しいパース(目パース)を描けばOK!!



(同上)


つまり作画としては(背景での)パースは、決して主としては位置し得ないと結論づけることもできよう。

さて、ここで先に引用した部分の「パース」という言葉を「設定」と置き換えても同様のことが言えるのではないだろうか。
作品世界の設定は大切なものだ。たしかに正確でなくてはならない。しかし必要以上に設定にこだわったところで、読者はそこまでも求めていないのかもしれない。そう、設定も作品世界の状況が伝わり、雰囲気を壊さない程度の存在であることがなによりも大切なのではないだろうか。
けっしてないがしろにしてはならない、しかしそれにとらわれすぎても良くない。設定は必要だ。しかし設定を描写しきるために作品を作るとしたなら、それは本末転倒だ。
日曜日に芸術劇場でやっていたピエール・ロラン・エマールの演奏を油断していたら途中からしか観られなかったので、もやもや解消のためにCDを買ってきてしまった。

しかし店頭でさんざんアシュケナージと悩んだ末に買ってきたのがフランソワだというのは、もはやサガなんだろうか。

夜のガスパールはどれも難曲ばかりで、32分音符の分散和音を軽やかに弾きこなさないとならない「オンディーヌ」、変調記号の解読だけで気が遠くなりそうな「絞首台」、激しくしかし軽妙に鍵盤を跳ねまわる「スカルボ」、並大抵のテクニックでは追いつかない代物だ。
最近ではテクニックだけならなんとかなる演奏もあるという評判も見かけたが、それをさらに良い形に仕上げる技は、まだまだ天才の域に達する領分が必要なのだろう。
フランソワの演奏は言葉にするならば、軽妙にして洒脱。「粋だねぇ」といったところか。
時にあえて抑えて、時に奔放に炸裂しまくり、こんなにも自由な響きがあるのだろうかと驚くことしきりだ。

収録はややドライな音響でもあったので、個人で楽しむ分には少しリヴァーブを加える処理をしてしまった。
これで、いつでもホールの特等席にいる気分。
自分では引きこなせなかった難曲が響きわたる中にしばし酔いしれることにしよう。
そ、そんな、こんな時期になって……。

NTTドコモ FOMA「SO902i」の販売開始延期について

をーーーーー、SO902i よぉ、いつになったら出会うことができるんだぁ~!

 (;´д⊂)


道路脇の店をふと眺めていると……。

060306a

靴屋なのだけど、ひさしに書いてあるのは……くつみせ?
確かに、くつを売っているみせ……。
管理画面がほとんどまともに使える様態ではない。

昨夜もひどかったけど、今夜もこんな時間からとんでもない状態だ。
いつぞやの、ココログフリー登場のころの酷さを彷彿させる。

真っ昼間にのーんびりとメンテナンスやってるような状況ではないと思うのだけど、サービスを提供する会社としてもっと危機感と緊張感を持とうとかいうつもりはないのだろうか?
桃の花には咲きません (桃内)。

湯島天神で梅の花が見頃になったというので、天気も良いしぶらりと出かけてみた。

060305b

しかし、境内、人大杉!

060305c

それにもめげず、花を求める。

060305d

花を求める。

060305e

花を求める。

060305f

いやー、それにしても人が多くて花愛でるような状態じゃないから、アキバにでも行きますかね。

って、なんでここにこんなコーナーが!

060305g

キャリアからは整理対象になってしまった存在。

060305a

SO902i が発売決定になったことで、そのための礎となっていただくこともついに決定。
そんなわけで、最後の雄姿をここに!

64k通信ができて、モペラでつないでネットサーフィンできたドコモ(NTTパーソナル)PHSって魅力的だったのだけどもねぇ……。
今日はまた、違った電車に乗ってお出かけ。

060304a

そして降り立ったのは、 かしまし ガール・ミーツ・ガールの舞台の一つ 高尾山の麓。

060304b

主な目的は、これ。

060304c

高尾山周辺の蕎麦屋、茶屋で使える割引クーポン券と、スタンプキャンペーンを組み合わせたイベント。
3軒分のスタンプでプレゼントに応募できたる上に、高尾山名物とろろ蕎麦が楽しめるとなると、蕎麦好きとしては黙ってはいられない。

そんなことで、まずは一杯目。

060304d

キャンペーンのパンフに載った写真を見たときから気になっていた、ツユと合わせた良い色合いになったとろろが美味しそうな、参道の入口にあるつたや。メニューにはむぎとろのセットもあったのだけども、1軒目からご飯を入れてしまったらこの後に回ることができなくなってしまうので、まずは、ざるとろろ蕎麦(700円)。
ちょっと太めの蕎麦は、いわゆる藪蕎麦の系譜。こじんまりとしたセイロにのって出てくるので、1杯目としては妥当な量かも。そして、なめらかでいて適度な腰がありキリッとツユの効いたとろろが絶妙。次の機会には、むぎとろのご飯をかっこんでみたくなるというもの。

そんなことで、昼食(第1回)を済ませたら、ケーブルカーで中腹へ。

060304e

ケーブルカーとしては日本最大の斜度を誇るというだけあって、途中の勾配は見あげるととんでもない事態。
約6分の乗車で、高尾山駅に到着。

060304f

となりの建物の上には、しっかりと各キャリアのアンテナが♪

060304g

うーん。ついつい昔の基地局探しのクセが。

晴れてはいたのだけど、ちょっと霞んでいて見晴らしはそんなにも良くはなかった。でも暑くもなく、快適な空気。

060304h

本当は山頂付近の店で出るらしい、太い蕎麦も魅惑的だったのだけど、寄る年波というか、日ごろの不摂生がたたって、こんなあたりでダウン……。

060304i

そんなことで、中腹の店、もみじやでひと休み。とうぜん、ここでも、とろろうどん(850円)。

060304j

一般的なとろろそばのイメージに近いところだろうか。彩りは青のり。上に乗っかった玉子を混ぜると、ほんわりと甘さが引き立つとろろの香りが立ち上ってくる。
そして蕎麦が太い。きしめんとまではいかないものの、細うどんと比べたらはるかに迫力のある平麺が激しく自己主張している。だから噛みごたえもじゅうぶん。風味も引き立つ。

ついでに汗をかいて失った水分と体温の補給に、熱々の甘酒でさらにほっと一息。

次の予定もあるので、またケーブルカーで麓へ戻ることに。3軒目までは回れなかったけども、それはまた次の機会にでも。

060304k

ちなみにケーブルカーの切符にはちゃんとハサミが入るという、最近では珍しい代物。
往復だときちんと二つ。これは記念にお持ち帰り。

060304l

先月末で地元のコンビニがひとつ閉店した。

実は開店当初から知っていて、オーナーがしだいに疲れていくのが目に見えて分かるところだった。
何年もたって、本部直営になって少しの間やっていたのだけども、ついに閉店だ。翌日には商品やら陳列棚やらの什器もすべて持ち出され、内部の改装が始まっていたから、かなり計画的に事は進んでいたのだろう。
でもまあ、閉店する事情も分からなくもない。他のチェーン系列の本部直営店と思しきところもあるのだが、そちらの店員が若いのにしっかりとしているのと比べたら、雲泥の差だったのだから。それに同じ通りのそんなに離れていないところに同系の店舗ができたこともあるし、出店計画を見直したのだろう。

それでも、きちんと閉店を告知していたところは信頼できる。
以前には「店内改装のため売り尽くし」とか貼り紙をしておきながらトンズラこいた店もあったからだ。その後かなり離れた土地に、アルバイトもオーナーも込みで移転して営業していたから、これは本部も絡んでのことだったのだろう。しかしだまし討ちのように逃げていくようなところは、つぎでもまた同じことをやるのではないかという疑念も捨てられない。そしてそんな本部の系列店も信頼ができなくなってしまう。

地元はけっこうコンビニが集まっている感が強い。少し前にはやはり数百メートルしか離れていないところにあった店舗が閉店したばかりだった。
一方で新しい店舗もぽつりぽつりとできているので、密度じたいはあんまり変わっていないかもしれない。あいかわらず濃い。
でもやっぱり、別の資本系列の店舗が隣どうしで並んでいる光景は異様だ。それぞれに特徴が違う系列だから共存できるのかもしれないが、でも無駄にユーザーを苅り合ってるようにも思える。
待っていたぁ。

ついに、ついに、SO902i に会える日がぁ!

 キタ━━(゚∀゚)━━( ゚∀)━━(  ゚)━━(   )━━(゚   )━━(∀゚ )━━(゚∀゚)━━!!

えーと、ちょっと、小躍りしてきます。
ホームで電車を待っていたときに、ふと目に入ってきたもの。

レールの脇、吸い殻と並んでいるもの……。

060302a

このメタリックな感じ、そしてプラスチックなパーツといい、こ、これは!

060302b



ウォークマンスティック!



060302c

Eシリーズなのか、Aシリーズなのかはわからないけれども、香水瓶と呼ばれたウォークマンスティックの形状とものすごくそっくり。
手元から滑り落ちてしまったのか、それとも Connect Player のクソっぷりに嫌気が差して投げ捨てたのか、駅員に言って拾われることもなく線路にいるままになっている様子。

いや、でも、もしかしたらよく似た別のものが落ちているだけなのかもしれない。

念のために、製品をしっかりと見てみた。

060302d

どう見てもウォークマンスティックです。

本当にありがとうございました。

// HOME // NEXT
  1. ばら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。