カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索

Amazonおすすめ とか

自動リンクでいったいどんな商品がピックアップされるのか実験も兼ねて置いてみました。 はたしてこのブログはamazon的には……。



載せてみたりする。

リンク
1年後に来た!

1年半ごとか予告されていただけに嬉しいよ。
涙が出るほど嬉しいよ。

さて、恒例の折り込みの告知をまずは……。



今度こそ、最終巻…か?


ふむふむ。

ただ一つ断言できるのは、今度の発売は1年半後。


 orz




しかしこの表紙、平積みになっているのにぜんぜん気付かなかったよ……。
ある意味インパクトはすごいんだけどね。



僕と彼女のXXX(7) (ブレイドコミックス)僕と彼女のXXX(7) (ブレイドコミックス)
(2010/03/10)
森永あい

商品詳細を見る


観てきた。

ヱヴァ破とサマーウォーズを。

こんな時期だというのに、どちらも満杯の人ってのは……ある意味すごい。
そして気付いたことは、サマーウォーズの客には、けっこうな年配の人を散見できること。
あきらかに60近いお父様とか。

内容は敢えて触れず。

まあ、自分の中での「夏」は終わっていくものだ。
そういうものだ。


雑誌 Wings。

で、事前に情報が漏れていたように、8月以降は隔月刊か。

あーあ。
このまま終わるのかな?

というか、なるしまゆり、新作読み切りなんか載せてる余裕あるんかね?

あーあ。
那須雪絵の連載終わったら切り捨てようかな? どうしようかな?



ついに。

待ち望んでいた物語の終わり。鉄錆廃園の第3巻と第4巻が無事に発売されていた。
そして読了。

すごい満足感に満たされている。
まさか、あそこまで描くとは思ってはいなかった。
そして自分の中で、エヴァンゲリオンは完全に過去の異物と化した。
もっとわかりやすく、的確に表現したものが、ここには存在する。

これからも、多くの人に手にとってもらいたい、一つの世界がここには存在する。

愛蔵版 鉄錆廃園 (3) (WINGS COMICS)愛蔵版 鉄錆廃園 (3) (WINGS COMICS)
(2009/07/25)
華不魅

商品詳細を見る


愛蔵版 鉄錆廃園 (4) (WINGS COMICS)愛蔵版 鉄錆廃園 (4) (WINGS COMICS)
(2009/07/25)
華不魅

商品詳細を見る



無かったよ。
今日も。

そりゃね、日曜だもの。
配送があるわけ無いんだってば。

おとなしく明日を待たないとだめなのか。

ううううう……。orz



25日発売と発表されたから探しているのに

ない。
どこにもない。

いや、あるにはあった。
とあるところのレジの後ろ、取り寄せ品の積んであるカウンターには。

でも一般のものとして店頭にはない。

これが書籍扱いコミックスの宿命なのか?
せっかく週末だからじっくり読み込もうと思ってたのにそんな仕打ちなのか?

あー。
なんてこったーい。

明日、また探してみる。



長い連載の途中で、作者が体調を崩して、ストーリーが中断してしまうのは、全くないとはいえない事態だろう。

そんなストーリーの一つが、今、ちゃんとした終わりを迎えようとしている。

愛蔵版 鉄錆廃園 (1) (WINGS COMICS)愛蔵版 鉄錆廃園 (1) (WINGS COMICS)
(2009/06/30)
華不魅

商品詳細を見る


愛蔵版 鉄錆廃園 (2) (WINGS COMICS)愛蔵版 鉄錆廃園 (2) (WINGS COMICS)
(2009/06/30)
華不魅

商品詳細を見る


作者の体調がまだ万全でないらしいのが気がかりではあるが、こうして本人も気にかけていた物語を、きちんと終わらせて形にしようという気概には、もうひたすら恐れ入るだけだ。

まずは1巻と2巻が出た。
今月末には、3巻と4巻とで完結する予定とのことだ。

さあ、今夜はじっくりと、その世界が再び開かれたことを喜びながら、じっくりと味わうことにしよう。




この間、DVDで見たような記憶もあるが、それは気にしないでおくことにする。

まあ、今までさんざんネットなどで言われてたようなものばかりである。

それくらいしか語ることが無いものなぁ。


今日が初日だったか。

なんか混雑の中、並んでまで観ようという気力はすでに無い。

Death & Rebirth のときは、新宿ミラノでの前夜祭オールナイトに並んで、魂のルフラン (初回のときには、あちこちから「えーーーーーーーっ」という声があがった) を3回だか4回だか聴いて、ステージのレールを走るカメラのリハの様子を眺めてたりとか、まごころを君にのときは、やはり前夜祭レイトショーに並んで、その脚で荻窪で飲んでる連中のところに押しかけて夜明けまで語って、さらにその脚で渋谷東急の舞台挨拶の回に並んだりとかしたけど、その気力はすでに無い。

やはり、自分の中では一つの終わりを告げたものだから。

⇒ 続きを読む
買ってしまったり。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 通常版 [DVD]ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 通常版 [DVD]
(2008/05/21)
三石琴乃林原めぐみ

商品詳細を見る


それもDVDを。
しかも通常版。

で、感想。

「ま、こんなものか」

むしろこの先どれだけ好き放題やるのかを予測するの……あんまり意味なさそうだから、やめておこう。


// HOME // NEXT
  1. ばら